40代のファイナンシャルプランナー(FP)の転職ポイント・体験談

職業:ファイナンシャルプランナー(FP)

137views

 imasia_15211838_M

 

40代のFPはプレーヤーとしてよりもマネージメント力が求められる

 住宅購入や教育費の当事者になり始めた30代から更に年数が過ぎ、40代は独自の家計設計が必要な年代です。転職する場合においても、自分自身のそれらの経験も踏まえた転職活動をすると良いでしょう。

 

 ここで注意したいのが、40代以降の転職の際は「FPのプレイヤー」としての需要が少なくなっていることです。一般的に、マネージメント層としての役割が求められるようになるのが40代の特徴です。

 

 マネジメント層になると求められるものが「FPを使うニーズ」です。社内の営業マンとしてFPを使うとしても、自分自身にFPの実績がないと難しいという場合もあります。30代のプレイヤーの頃とはガラッと環境が変わることもありますので、その点に注意して転職活動をすることが大切です。

 

【体験談】リストラに遭うも取得していたFPを活用して再就職を成功(42歳、女性)

 

女性(40代)

 40歳を過ぎたあたりから勤務先の経営状況が不安になり、予感が当たるように41歳の夏にリストラを通告。その時は目の前が真っ暗になりましたが、以前役に立てることがあればとFPを取得していたこともあり、年金事務所に再就職が決まりました。

 

 「年金」といえば社労士(社会保険労務士)ですが、FPも生活に対するアドバイス需要があるため、とてもニーズがあります。特に最近は年金不安が著しく、年金の範囲に留まらず貯蓄やキャリア相談の相手をすること。その時は広く学習したFPの知識がとても役に立ちます。

 

 職場内の人間関係も良好です。今後もこのやりがいのある職場で、ますます相談の腕を磨いていきたいですね。

本記事は2017/02/03の情報で、内容はファイナンシャルプランナー(FP)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する