残業少なめ・激務でないファイナンシャルプランナー(FP)の求人

職業:ファイナンシャルプランナー(FP)

9views

imasia_12446563_M

 

残業少なめのFPの求人は?

 FP資格を活用してどのような業務に携わるかにもよりますが、一般的に「地域固定の職種」や「金融機関の一般職」などは、残業が比較的少なくなっています。これらの職種の中にはFP資格を所有していると専門業務を行えたり、給与体系に恵まれるケースもあります。

 

 残業を回避したいFPの方には狙い目の仕事と言えるため、積極的に情報を集めるようにしましょう。

 

激務ではないFPの求人

 何をもって「激務」と定義するのかは難しいですが、上述の残業少なめのFPの求人は営業職でないバックグラウンド側の業務も多く、激務ではない可能性が高いです。ただし、給料が低めに設定されている可能性も高いため、そのあたりを考慮する必要があります。

 

 FPの資格を活かした会社に就職して、営業成績を課せられるプレイヤーの場合はどうしても仕事は忙しくなってしまいます。ただし、結果を残しマネージャー領域の仕事が増えてくると、いわゆる労働集約型としての仕事が少なくなってきます。その代わりにマネージメント能力が問われてきます。

 

 管理職で結果を残す(部署として目標を達成したり、成長したりする)ことで、より時間的な部分での拘束は少なくなってくるでしょう。その場合は、プライベートとの両立も可能となるため、激務ではないと感じることができそうです。

 

  • 主に女性が働くことが想定されているが、「転勤の無い地域固定の職種」や「金融機関の一般職」は残業も少なく、激務ではない事が多い。しかし給料が低めに設定されていることがほとんど。
  • FPとしてノルマが課される営業職などは、忙しいことが多い。しかし、実績を積みマネージャークラスになると時間的な部分での制約は減ってくる。

本記事は2017/02/02の情報で、内容はファイナンシャルプランナー(FP)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する