FP会社のファイナンシャルプランナー(FP)の求人

職業:ファイナンシャルプランナー(FP)

13views

imasia_16012886_M

 

FP会社では転職時に実務力を証明するのが難しい

 保険会社や証券会社など「確立した商品(販売物)があってそれを販売するのに資格を活かす職場」とは違い、FP会社では「FPとしての実務力そのもの」が求められます。

 

 そのため、転職の面接時などにおいて「実務力」を証明するのはとても難くなっています。保険会社や証券会社における実務力と、FP会社におけるそれは本質が異なると理解することが大切です。

 

FP会社の採用は人脈に頼っている部分もある

 例外はもちろんありますが、FP会社の求人は「人脈」によるところも大きいです。既に知っている間柄からの応募や人伝の紹介、クロージングのコミュニティでの公募などで採用活動をしている会社が多いです。

 

 このような制限をかけることにより、会社側は品質を担保することができ、人材確保に繋がっていると言えます。そのため、FP会社に転職をしたい場合には、あらかじめそれにふさわしい人脈を形成しておくことも大切になってきます。

 

FPとして人脈をつくるには

 それでは、一人のFPとしてどのように人脈を作っていけば良いのでしょうか。それは、既にFPの世界で活躍している人材と近づくことが一番です。

 

 FPは日本各地で様々なイベントを開催しています。管理団体である日本FP協会もこれを後押ししています。このコミュニティに入ると、別の機会における引き合いが増え、様々なチャンスが巡ってきます。まさにFP業界内における営業が、そのまま求人情報を捕まえる転職活動に繋がると言えるでしょう。

 

  • 明確な商品を売る保険会社や証券会社と違い、FP会社においてFPが実務力を示すのは難しい(転職面接時に実績を呈示しづらい)。
  • FP会社では人脈に頼った採用活動も頻繁に行われている。FP同士のつながりを深め、人脈をつくっておくことが将来的に転職につながることも。

本記事は2017/02/02の情報で、内容はファイナンシャルプランナー(FP)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する