歯科助手の人間関係

職業:歯科助手

338views

imasia_7654521_M

 

歯科衛生士との関係

 歯科助手と歯科衛生士を雇用する医院はたくさんあります。それぞれの役割があるからです。しかし、歯科助手は無資格でも働けるため、有資格者の歯科衛生士の立場の方が強い場合、何かにつけて「助手でしょう?」という態度を取る人も中にはいます。そのような経験をしたために、歯科助手から歯科衛生士になる人もいます。しかし、そもそも歯科衛生士と助手を雇用している時点でそれぞれの役割が異なるわけですから、堂々と働くべきです。

 

 もちろんこのような態度を取る人はまれで、ほとんどの歯科衛生士は歯科助手にたくさんのことを教えてくれます。正社員たちが1日中顔を合わせて勤務する環境で、ましてや女性が多い職場です。楽しい雰囲気づくりは1人ではできませんから、皆でチームワークを築けることが大事です。

 

  • 歯科助手と歯科衛生士でそれぞれ異なる役割を果たしながら、皆で協力して良い職場環境をつくる。

 

ドクターとの関係

 歯科助手は、歯科衛生士よりもドクターの診療補助に付く場合が多いです。ドクターが数名いる歯科医院だと、それぞれのドクターの治療法に合わせなければなりません。

 

 ドクターも人間ですから、その時の機嫌が態度に出たり、仕事上のことを近くのスタッフにあれこれ言う場合もあります。時には理不尽なことを言うドクターもいますが、それは一部の人だけで、尊敬されているドクターも当然たくさんいます。

 

 ドクターもスタッフの補助がなければやりにくい治療箇所もありますし、インプラントなどチームで治療をしなければならない大掛かりなものもあります。やはりチームワークが重要ですから、ドクターからも信頼される歯科助手を目指しましょう。

 

  • ドクターとの信頼関係は、治療をスムーズに進めるうえで非常に大切。

 

患者様との関係

 患者様をユニットに案内する役目は、歯科助手が担うことが多いです。受付や電話対応も含めて、患者様とのファーストコンタクトとなる場合は、病院の顔となるわけですから、患者様を不安にさせないようにしっかりと対応しなければなりません。

 

 患者様の中には、ごく一部ですが、細かいことや無理なことを言ってくる人もいます。歯科治療でできる範囲を超えた内容を求めてきたり、すぐに思い通りに治療できるものだと勘違いして来院する場合もあります。受付での対応に困ったり、難しいこともありますが、周りのスタッフと協力しながら対応しましょう。笑顔で患者様を迎える心がけが一番大切です。

 

  • 患者様が最初に接するスタッフが歯科助手であることも多い。安心感を与えられるようなしっかりとした対応が求められる。

 

本記事は2015/08/18の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する