ブランク歓迎の歯科助手の求人

職業:歯科助手

147views

imasia_6496964_M

 

ブランクがあっても再就職は可能

 歯科助手という業務に携わると、どうしても専門知識が必要になってきます。どんなベテランでも初めは全くの未経験者ですので、働きながら歯科業界のことを学んでいくのです。ただ、せっかく専門知識を身に付けた後に、結婚や出産などでやむを得ず退職する人もいます。しかし、一度身に付けた専門的な知識はなかなか忘れないものです。治療に必要な器具や材料が変わっても、基本的な知識はほとんど変わりませんので、ブランクがあっても再就職は十分可能です。

 

ブランクより経験を重視

 子育てなどが少し落ち着いてきた時に歯科助手として働きたい場合は、ブランクがあっても経験者ということで有利になります。歯科医院側もブランクについてはあまり見ておらず、経験年数を重視しています。経験が長ければ様々な処置に柔軟に対応できることが期待されるからです。ブランクがあるからといって不安になる必要はありません。

 

 歯科助手の募集は未経験歓迎のものも多いですが、経験者の募集もたくさんあります。経験者を採用すれば、基本的な歯科の知識を教える必要がなく、現場に慣れてもらうことを優先できます。基本セットの殺菌棚、オートクレーブやケミクレーブ、超音波等のある消毒室では薬瓶や補充用の材料の置き場所を説明して、その医院での消毒方法を教えるだけで良いのです。初心者に教える労力も省けますし、即戦力として働いてもらえるので、採用側にとっても大変助かるのです。

 

 ブランクが長いと不安になってしまうかもしれませんが、働いてきた年数が長ければ、医院側も安心感を持ってくれます。経験年数を活かすことを考え、自信を持って臨みましょう。

 

  • 経験年数が長ければ、ブランクがあっても歓迎されることが多い。

 

実際にブランクを乗り越える

 しばらく歯科業界から離れていて再就職した時、以前学んだことが現在の歯科医療にリンクするまでさほど時間はかかりません。薬品や材料の名称に多少変化はあっても、治療を行う手順に大きな変更はありません。

 

 実際にドクターの脇に立ち、バキュームを持って診療についたら、視界を確保するためライトの向きを変えたり、エアーや水を出すといった行動は体が覚えているので自然に体が動きます。ドクターとのやり取りにだんだん慣れてくると、治療の流れも分かってきます。裏装するときはどの材料か、築造するためにセメントを準備する、TECの作成に即重の準備など様々なことが分かってきます。

 

 ドクターによって治療方法が異なる場合もありますが、材料の扱い方などに大きな違いはありません。その現場に馴染んで自然に適切な対応ができるようになるまでに、さほど時間はかからないでしょうから、じきにブランクを乗り超えて活躍できるはずです。

 

  • 診療補助の動きは体が覚えているもの。現場に慣れれば自然に動けるようになる。

 

本記事は2015/08/14の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する