高年収・高給与の保育士の求人

職業:保育士

37views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

pixta_22096667_M

 

高年収が期待できる保育士の求人

 保育士は他の職業に比べて給料が安く、ボーナスも低めです。しかし、給料が原因で保育士の仕事を辞めてしまう必要はありません。保育士資格を活かして子どもと触れ合いながらも高年収が期待できる保育士の求人を紹介します。

 

  • 施設勤務の保育士

 施設と呼ばれる、事情があって家庭に帰れない子ども達を保護する場所で、子ども達の生活を守り、生活指導を行うのは保育士です。場所によっては児童指導員と呼ばれています。この児童指導員は、保育士免許を持っているだけで資格手当が出るので、他の人よりも基本給が上がります。また、保育士免許を持って大学を卒業していれば、昇給・昇格の対象として扱われます。

 

 また、施設は365日必ず子どもがいるので、夜勤や遅出など、普通の保育園にはないような時間からの勤務があります。夜勤を行えば夜勤手当が出ますし、残業すれば残業代もきっちり出る所が多いです。普通の保育園勤務ではもらえない手当が付くので、給料は良くなります。また、休みも規定通りに取りやすく、有給の消化率も高めです。高収入かつ自分の時間を確保しやすい施設職員は人気があります。勤務時間がまちまちな為、顔を合わせる事のないスタッフがいるほどすれ違いになるので、人間関係も悪化しにくいです。

 

  • 認定こども園

 認定こども園は幼稚園教諭の免許も必要とします。保育園と認定こども園で働く保育士には給料の差があります。幼稚園教諭免許を必要とし、保育に加えて教育も必要とする場所なので、求められる事が多い分、給料も高いです。業務内容も保育士+αなので保育士経験があれば転職も比較的簡単です。

 

 仕事が多い割に報われる実感が少ない保育士よりも、認定こども園で保育士をした方が見返りはしっかりしています。男性保育士ももちろん就職できるので、将来家庭を持ち、子どもを育てたいと考えている人には良い職場です。

 

  • 企業付き保育士・院内保育士

 企業付き保育士は安定しており、福利厚生も手厚いです。企業が経営するので給料も高めで、働く時間も企業によって概ね決まっているので、保育園のように日付が変わるまで帰れないという残業はほぼありません。

 

 また、院内保育士も同様で、病院が経営している為に福利厚生はかなり充実し、給料も普通の保育園に比べて高く設定されています。その企業や病院で働く保護者の子どもしか入れないので、人数も限られて少人数制の保育なので、業務も普通の保育園より楽であることが多いです。

 

  • 切羽詰まっている保育園の求人

 保育園は人手不足を解消する為に求人を出しますが、経営に影響が出る程の人手不足の場合、どうしても保育士を捕まえたいが為に破格の条件を出す保育園もあります。自分一人ではその園を見つけ出すのは困難でも、保育士専用の転職サイトを利用すればスタッフが情報を見付けてくれるので、良い条件で転職しやすいです。様々な保育園を自分の目で見比べて、転職サイトのスタッフにも協力を仰いで条件の良い園を選びましょう。

 

  • 保育士の資格手当や夜勤手当が付く施設、保育士と幼稚園教諭の免許が必要とされ給料が高めの認定こども園、福利厚生が手厚い企業内保育所、院内保育所などがある。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/01/24の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する