資格なし可の歯科助手の求人

職業:歯科助手

113views

imasia_14362762_M

 

歯科助手の資格はなくても良い

 歯科助手には歯科衛生士のような資格がありません。認定書がもらえる歯科助手講習などはありますが、国家資格は存在しません。なお、歯科助手講習は主に歯科医師会などが行っていますので、受けたことがなければ受講してみると良いです。

 

 歯科助手の仕事は主に院内のアシスタント業務です。ドクターの指示に従い、治療の準備や器具の洗浄などを行います。実際に治療する側ではないので、基本的に資格は要りません。もちろん歯科医療に携わる意味での専門知識が必要ですが、それはアシスタントをするために必要不可欠なものです。知識の習得は必要ですが、資格は不要なのです。

 

  • 歯科助手は医療行為を行わないので、資格がなくても働ける。ただし歯科に関する知識は働くうえで必要になってくる。

 

歯科助手に必要な知識

 歯科助手が習得すべき専門知識は、どの治療にどの材料が使われるのかというような、治療ごとに必要な準備ができるためのものです。治療内容が分かっていて準備ができるのと、指示されてから動くのとでは効率がまったく違います。

 

 ドクターが一人で準備をして、バキュームを持ちながらタービンを持って治療することは可能かもしれません。ですが、唾液が入らないように防湿をして、材料の準備までしていたら、1日に診られる患者数はかなり限られてしまいます。

 

 歯科衛生士は、患者様の口腔ケアや歯ブラシの指導を重点的に行います。歯科助手はその他の器具の消毒や準備、ドクターのアシスタントなどをこなすのが主な作業になります。治療行為は行わないので、求められるのは基本的な治療に沿ったものが多いですが、患者様に説明ができる程度の知識は必要です。

 

  • 治療内容を理解して治療ごとに必要な準備ができること、患者様に基本的な説明ができる程度の知識は必要。

 

歯科助手講習会とは

 認定書をもらえる歯科助手講習というものがあります。これは歯科助手として必要な知識を学んだ事の証書です。例えば歯科医師会が行う歯科助手講習では、歯科医師会に所属する医師が授業を受け持ち、説明を行います。内容は、器具の消毒についての注意事項や、歯周病の進行度の説明、症例別の写真を見せて説明を行うなどです。また、口腔ケアに関しては歯科衛生士が授業を受け持つこともあり、ブラッシングの必要性や、ブラッシング方法の説明を行います。

 

 日々行われる歯科診療の中で、全く知識がない状況で働くのと、知識があって働くのとでは、やりがいに違いが出てきます。資格は不要でも、歯科助手講習を受けておくと働くことに対しての不安がなくなり、自信をもってアシスタント業務をこなせます。もちろん勤務先の院内でもスキルアップは可能です。ドクターや歯科衛生士など、常に身近に先生がいるのですから、自分に自信をつけるためにも、最大限できることを努力しましょう。

 

  • 歯科助手講習会では、ドクターや歯科衛生士が、歯周病や口腔ケアなどについての説明をしてくれる。

 

本記事は2015/08/13の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する