未経験可の歯科助手の求人

職業:歯科助手

212views

imasia_6523034_M

 

未経験でも問題ない

 歯科助手の求人は、未経験可のものもあります。就職した後からでも歯科に関する知識は取得できますので、未経験でも大丈夫です。もちろんドクターや歯科衛生士ほどの知識ではありませんが、歯科の基本的な知識は学べます。歯科助手という職業は国家資格があるわけではないので、働きながら徐々に覚えていくことが可能なのです。

 

 歯科助手は主に院内のアシスタント業務をこなしますので、歯科診療に必要な器具など基本セットの準備や消毒、治療に必要な材料などを準備します。簡単そうな作業に見えても、診療補助は慣れるまではとても大変です。しかしやり始めるとどんどん面白さを感じるはずですし、やりがいもあります。どんなベテランでも未経験からスタートしているのですから、未経験であることを不安に思わず応募してみると良いです。

 

  • 歯科の知識は働きながら覚えていけるので、未経験者でも問題ない。

 

未経験から始める際の注意点

 歯科助手を未経験から始める場合、周りは専門用語ばかりで分からないことが多いかもしれませんが、徐々に覚えられます。教えてもらったことは必ずメモを取るように心がけましょう。

 

 よく耳にする言葉として、一般歯科ではExtや根治、CR、形成、印象といった単語があります。補綴物はIn、Br、前装冠、PD、FD、BT、TFなど様々です。分かるようになるまで少し時間はかかりますが、治療内容に沿って覚えることで、その治療に必要な準備ができるようになります。診療補助が1人でできるようになるまでには、周りの協力も必要不可欠です。分からないことは後回しにせずに、その日のうちに解消するようにしましょう。

 

  • 専門用語が飛び交う現場だが、教わったことはメモを取る、不明点はすぐに解消する、といったことを心がけて覚えていけば良い。

 

早めに病院の雰囲気に慣れる

 未経験で歯科助手を始めたら、まずは病院の雰囲気に早く慣れなくてはなりません。待合室や院内のユニットの状況などを確認し、電源を入れるといった1日の業務の始まりに早く慣れましょう。病院に慣れたら、患者様をユニットまで誘導することも出てきます。ユニットへの案内は院内のルールに沿って行わなければならない場合もありますので、事前に確認しましょう。慣れるまでは自分から指示を仰ぐことも大切です。

 

 未経験だと、不慣れな部分が不安になることもありますが、自分ができる範囲はしっかりこなせるように努力することが必要です。また、初めての立ち仕事の場合は体力的にきつく、慣れるまでは疲労感があるかもしれませんが、頑張って乗り越えればやりがいを感じられるようになります。

 

  • 先ずは医院の雰囲気に慣れることが最優先。分からないことは周囲に確認し、自分ができる仕事をしっかりこなせるよう努力する。

 

本記事は2015/08/13の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する