保育士の魅力とやりがい

職業:保育士

413views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_6977890_M

 

保育士は魅力とやりがいに満ちた職業

 保育士は処遇の悪さや離職率の高さから、つい悪い部分ばかりがピックアップされてしまいます。しかし実際の所、保育士は悪い所ばかりではありません。沢山のやりがいと魅力に溢れた職業なのです。なかなか取り上げられない保育士の魅力ややりがいにスポットを当てて説明していきます。

 

保育士の魅力

  • 子どもと触れ合える

 やはり保育士を目指す人は子どもが好きな人が多いです。その子どもと共に一日を過ごし、月日をかけて信頼関係を徐々に築いていき、子ども達に懐いてもらえるのも保育士の魅力の一つです。一般企業などで働くとなると周りに子どもはいませんし、我が子を産むまでは子どもとの交流も難しいです。子どもが好きな人にとっては、子どもと一緒にいられる仕事である保育士は憧れでもあります。

 

  • 子どもと共に自分も成長できる

 最初から高い保育スキルを持った保育士はいません。時間をかけて、子ども達と一緒に失敗と成功を繰り返し、子ども達の反応や声を取り入れて自分の保育を改善していき、良い保育士になっていきます。子どもと共に自分も保育士として、一人の人間として成長できるのもかなりの魅力です。また、保護者との対話で大人との接し方も学べます。

 

  • 子どもと触れ合い、子どもと共に自分も成長できる点は大きな魅力。

 

保育士のやりがい

  • 子どもの成長を間近で見ることができる

 労働時間がどんどん長くなるにつれて、保育園に子どもを預ける時間も長くなっていっています。その為、保育園で過ごす時間の方が家で過ごす時間より長くなり、保育園を第二の家庭と呼んでもおかしくない状況が出来ています。

 

 トイレトレーニングなど、基本的には日中子どもと共にいる保育士が率先して行っていく事から、子どもの成長を間近で感じるのも保育士なのです。沢山の失敗を繰り返しながら成功を目指す、子どものひたむきな努力や成長を手助けできるのもやりがいの一つです。そうして子どもの成長した姿を見ると、まるで我が子のように嬉しく感じます。

 

  • 経験が自分のスキルになる

 保育士は様々な子どもと触れ合い、様々な対応を覚えます。つまり、経験した事がそのまま自分の知識・スキルになるのです。その得たスキルを活かし、新たな子どもにどう接すればいいのか、どうすれば信頼関係を作れるのかと考え、実践し勉強を重ね子どもとの上手な信頼関係を築くのもやりがいの一つです。子どもが信頼し、心を開いてくれた時には、辛かった事も苦労も全て吹き飛びます。

 

  • 業務が多い分、達成感も強い

 保育士はどこの施設でも人数不足で非常に苦しい状況です。その為一人ひとりに割り振られる仕事の割合が大きく、残業もあります。しかし、その分その業務が子どもの成長や喜びに繋がると、達成感も強いのでやりがいがあります。

 

 保育士の業務は全て、突き詰めれば子どもの為に繋がるものばかりです。ですから、面倒な掃除や月案なども、子どもの過ごす環境を整えて健康な体を維持する為、子どもの長期的な成長をしっかりと見据えて指導する為と一つ一つが大きな意味を持っています。保育士は人数不足で大変だと思われがちですが、子ども達の成長、笑顔に繋がる仕事だと思えばやりがいも見えてきます。

 

  • 子どもの成長を間近で感じ、手助けができた時や、子どもと信頼関係が築けた時などには大きなやりがいや達成感を得られる。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/01/21の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する