保育士の履歴書の例文(1)

職業:保育士

315views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

rirekisyo

 

 保育士の方が転職時に書いた実際の履歴書をもとに、注意点を解説していきます。

 

児童養護施設の児童指導員から保育園の保育士に転職を希望する25歳Aさん(女性)

 短期大学を卒業後、自由実習で選んだ児童養護施設に入社。3歳児、5歳児、10歳児の3人のケース担当になり、保護者とのやり取りや指導計画を立てて毎日指導を行っています。この中の3歳児と触れ合った事で保育の方面へと興味を持つようになり、施設で培った子どもとのコミュニケーション能力や指導力を活かして、保育園勤務の保育士に転職すべく、保育園に応募する事例です。

 

①免許・資格

平成23年 幼稚園教諭免許、保育士資格 取得

 

②特技・趣味・得意科目など

実際の文章

「中学時代から興味のあった絵に情熱を注ぎ、高校ではコンクールで入賞を果たしました。前職ではその特技を活かして、施設の壁面制作をはじめとし、行事の看板づくりや装飾は先頭に立って行っておりました。新しい職場でも、壁面制作をはじめとして、子ども達に自由に絵を描く楽しさと、創造性を高める手助けをしたいと考えております。」

 

  • 転職となると、大学時代の栄華を語るだけでは物足りません。更に、相手に対して「就職している間には何も学ばなかったのか」というマイナスなイメージを与えてしまいます。ですから、積極的に自分の特技を前職で活かした経験を盛り込んで、その園ではどの様な形で活躍するつもりなのかを押し出します。
  • また、気を付けたいのが「前職で褒められた」などという言葉は使わない事です。前職を褒めてしまうと、なぜ転職をしたのかと先方から疑問を抱かれます。基本的に前職で行った事のみを伝え、「前職ではこのように褒められた」という言い方ではなく、「前職ではその工作で好評を頂きました。この園でも誰かに喜んでもらえる作品をどんどん作っていきたいです。」のように、その褒められた経験をどうこの職場で活かすのか、未来を見据えた言葉を選びます。

 

③志望動機

実際の文章

「児童養護施設で児童指導員を務めている中で、自分がケース担当をした3歳児の男の子を指導し、介助していく中で、子どもの成長を目の当たりにして、保育のやりがいに気付きました。また、施設には沢山の事情を抱えた保護者や子どもが沢山いたので、寄り添う事でその張り詰めた気持ちを解し、信頼関係を構築してきました。同じ様に、保育園でも悩みを抱えて助けを求める保護者の助けになりたいと考え、保育園での仕事を志望しました。」

 

  • 志望動機は、前職の嫌な事から逃げたかったという人もいます。しかし、言い方一つで相手に不愉快さを感じさせ、またすぐに辞めるのではないかという不安を与えてしまいます。言い方に気を付けて、志望動機の中に前職で悩んだ内容、そしてそれを踏まえて何故その園を志望したのかを伝えます。そして、積極的にその園で何をしたいのか、意欲がある所を書き添えてアピールすると好印象を相手側に与えられます。現在は保育の長時間化などが問題視されているので、その問題に積極的に取り組む姿勢は相手に好印象を与えます。

 

④本人希望記入欄

実際の文章

「特にありません。」

 

  • 「特にありません」でもよいのですが、自分が乳児・あるいは幼児に配属された場合はどんな事をしたいのかを書き添えておくと印象が良くなります。どちらか片方しか書いていないと、それ以外の担任は嫌なのだと判断されて不採用になってしまう場合もあります。どこに配属されてもやる気を持って頑張ることができるという姿勢を見せておきましょう。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/01/20の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する