保育士の年収相場

職業:保育士

196views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_13522519_M

 

保育士の年収は勤務先によって異なる

 保育士をしていて多くの人が給与面で不満や不安を抱いています。保育士の処遇改善の声が高まってはいますが、現状はまだ変わっていません。同じ保育士でもどこで働くかによって年収の違いが生まれています。保育士の年収の相場を説明していきます。

 

  • ① 保育園勤務

 まずはオーソドックスな保育園勤務です。保育園勤務の保育士の年収相場は300万円台前半、月収に換算すると20万円前後といったところです。一般企業の平均年収が490万円程度というデータもありますので、それと比較するとかなりの差が生まれています。

 

 それぞれの都道府県や園によって待遇に違いはありますが、一般企業を越える好待遇を約束してくれる園はなかなかありません。本当に子どもが好きで、自分の学んできた保育を活かし、子どもと共に成長したいと心から思っている人でなければ、保育園勤務は続かない可能性が高いです。

 

  • ② 施設勤務

 次に施設勤務です。施設勤務の職員は、保育士の資格を持っていると資格手当が貰えます。更に、夜勤があるので夜勤手当も入りますので、住宅補助費も出る所で働けば普通の保育園よりもかなり待遇が良くなります。施設は様々な形態があり、なかなか平均が出ない為分かりにくいですが、保育園勤務よりは高年収が期待できます。勤務時間も夜勤明けは自分の自由に使えるので、保育園で働く保育士よりも自分の時間を確保しやすいです。

 

 ただ、夜間の子どもの脱走やトラブルなどで捜索を命じられたり、子どもや保護者とのトラブルなどもあるので、一概に簡単な業務ばかりではありません。また、それぞれの施設でその施設の特色(障害児施設であればその障害、自立支援施設であれば更生の為の声掛け、母子寮であれば母子の心のケア方法)を理解し、勉強を重ねる事が必要です。

 

  • ③ 院内保育所

 院内保育所は、実は保育士業界の中でも高給取りに分類されています。その理由は、平均月収は20万円前後と保育園勤務の保育士と変わりませんが、賞与額の平均は約50万円である事からきています。公立保育園、認定子ども園に続く平均給与なので、公務員試験に落ちてしまったり、幼稚園教諭の免許を持たない人は院内保育を目指すのも高給を取る為の手です。

 

 院内保育所は感染症予防の為に実習生を受け入れていない所もあるので、保育士になって偶然その存在を知った人も多いです。業務内容は普通の保育園勤務と変わらないので、給与に悩んで転職を選ぶ際にも選択肢として考えてみましょう。

 

  • ④ 企業所内保育所勤務

 企業内保育所の保育士の給与平均は約18万円程度と、やはり普通の保育園とさほど変わりません。そして賞与なのですが、賞与もそれぞれの企業で大きな開きがある為に、平均約29万円程度と、特殊な場で働く中では低めの金額となっています。

 

 もしも企業内保育所の保育士を目指す場合は、なるべく求人情報を沢山集めて、その中から福利厚生や給与の良い所を選び、高い順番で狙っていく良いです。

 

  • 保育園の保育士の年収は300万円台前半が相場だが、勤務先によって手当や賞与額から年収が大きく異なることも。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/01/20の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する