百貨店に入ると叶うこと・叶わないこと

業界:百貨店(デパート)

15views

imasia_16716500_M_R

 

百貨店に入ると叶うこと

 百貨店に入社すると、叶えられる事と叶えられない事が出てきます。その中で特に顕著なものを挙げて紹介していきます。まずは「百貨店に入ると叶うこと」からです。一例としてご参考下さい。

 

  • 平日に長期休暇を取って、旅行等を楽しむ

 百貨店業界で勤めていると、世間が働いている時期に長期休暇を取る場合が多くなります。平日に狙って休みをとれば、世間の「働く時期の平日」に旅行やレジャーにいけるために金額的に安く、人も繁忙期に比べて少ないです。割安で、人ごみのストレスを避けて休暇を楽しむことが出来ます。

 

  • 自分の売り場を作ることが出来る

 百貨店は、良くも悪くも、個々の特色を大切にしています。1つの商品を売るとしても、同企業で支店が変わると、売り方がガラッと変わります。店ごとにある程度独立した展開をする事で、その地域やお店ごとのお客様のニーズに事細かに合わせるためです。

 

 売り場では担当分けがなされて、担当者に売り場を任せる場合が多いです。棚割りも100%決まっている場合はほぼなく、節目ごとに売り場の顔を変えていくことが求められます。

 

 自分の考えたことを形にできる場所がある事は、とてもやりがいがあります。また、それが数字にいい影響を与えた場合は、ひとしお嬉しいものです。

 

  • 接客販売のスキルが付く

 いやでも接客販売のスキルは身につきます。百貨店の社員になれば、研修に最低限の事しか行わない企業でも接客販売の研修は必ずあります。企業によってはアルバイトでも研修を受けることがある程です。

 

 研修で身につくような基本的な立ち居振る舞いも勿論の事、その人に合わせた接客を行う力も身につきます。日々、様々なお客様が来店するので、決まった接客のレパートリーでは対応しきれないのです。

 

  • 人に感謝される仕事ができる

 「ありがとう」という言葉を、本当にたくさん頂戴できる職業です。専門店の販売員や、コンビニのレジでも言ってもらえるかもしれません。ですが、百貨店は質の高いサービスを求められます。そんな上級ニーズにきちんと対応し、言ってもらえる「ありがとう」は、有難みや格が違います。

 

  • 毎日退屈しない

 どの仕事でも言えることかもしれませんが、同じ日なんてありません。百貨店は、いい事も悪い事も、色々なことが起こります。時間管理が難しく、計画的に仕事を進めていくことが難しい業界ではありますが、毎日がパワフルで楽しい業界でもあります。「退屈しない毎日」は実現できます。

 

  • 手厚い福利厚生

 どの百貨店でも、基本的な社会保障はついている場合がほとんどです。育休産休は男女ともに設定されていることが多いです。他にも、世間の大型連休に長期休暇がとれない代わりに5~10日の長期休暇を半年に2回程取れることが多いです。従業員割引も有難い制度の一つです。百貨店の福利厚生は厚いので、どんな福利厚生があるかを調べて取得すれば、ライフワークバランスも整えていくことが可能でしょう。

 

  • 転職せずとも色々な職種へのチャンスがある

 百貨店は「百貨」を扱うので、アイテムごとの異動もあります。また、売り場担当から後方部門に異動、その逆もあります。本当に転職したかのように仕事が変わります。そんな体験が出来るのは、幅広い分野を兼ね備えている百貨店だからこそです。

 

百貨店では叶わないこと

 次に「百貨店では叶わないこと」です。こちらも一例としてご参考下さい。

 

  • いわゆる「高収入」

 役員クラスでやっと年収1000万円に届くかという程度です。調査データにもよりますが生涯年収平均は350万~500万が相場です。年収で1000万円に届くのは百貨店では難しいことです。

 

  • インセンティブで月収を上げていく

 百貨店でインセンティブがある企業・職種は稀です。最近では、結果を残した販売員にインセンティブを、という動きもあるようですが、まだまだ一般的ではありません。月収を上げるには残業か昇進の2択しかないのが、残念ながら現状の百貨店です。

 

  • カレンダー通りの生活

 世間の一般的な休みと同じタイミングでの休みは無いです。年末年始やお盆シーズンの長期休暇は正直無謀と考えてください。このシーズンに休みが無いわけではないですが、シフト制で回ってくるお休み1日2日という程度です。

 

 百貨店は、「世間のお休みやイベントシーズン=稼ぎ時」です。その前後の休みやイベント当日、どこかに休みが1日入ればラッキーというようなシフトになる可能性が高いです。母の日前の婦人雑貨担当、お歳暮シーズンの節目日(早割初日・最終日等)の歳暮担当者等、休むのが難しいのが現実です。

 

 (※)これが全てではないですし、これだけが真実なわけでもなく、企業によっては僅差万別なのが実際のところです。一例としてご参考下さい。

 

本記事は2017/01/18の情報で、内容は百貨店(デパート)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する