契約社員の百貨店の求人

業界:百貨店(デパート)

5views

imasia_9645827_M_R

 

百貨店の派遣社員枠で募集のある職種

 人件費がシビアに見直されている今、正社員に比べると契約社員の求人は、探しやすいものになっています。契約社員で募集の多い職種は以下の2つです。

 

  • 販売職

 売り場に配属され、店頭での接客販売を中心とした業務に特化した職種です。基本的には契約社員の販売職だと部署異動も少ないです。求人の中には、売り場責任者経験者優遇(ショップ店員の店長など)の条件などがあるものもあります。

 

 販売職は、総合職や、異動の多い正社員よりも「売り場」での仕事が圧倒的に長いです。その分、VIPの接客対応を任されたり、深い知識での接客を求められたりと「売り場での接客販売のスペシャリスト」とみなされます。契約社員といっても、数字を取りお客様を喜ばせるプロとして期待される職です。

 

  • 管理スタッフ

 後方部門で勤務するスタッフです。人事、経理、総務がメジャーです。資格不問の求人もありますが、例えば経理では、資格取得者のみを採用している求人などもあります。また人事は、経験者優遇もしくは経験者のみの求人もあります。採用条件にもよりますが、管理部門内での異動の可能性は存在します。

 

 管理スタッフは、「仕事が正確で当たり前」と思われる程、仕事の正確さが求められる立場です。また、営業・販売部門とうまく折り合いをつけて、仕事を進めていかないといけないので、対お客様とは別の、人間関係を円滑にする力も必要です。

 

契約社員の特徴

  • いつ契約が切れるかは分からない

 百貨店に限らずどの企業においても同じですが、雇用時期の切り替えが行われるようになったとはいえ、正社員に比べると、「ずっと雇ってもらえる」という保証が、より少ない立場です。

 

  • 責任内容と対価のバランスが悪い場合もある

 契約社員とはいえ、正社員と同じ責任内容の仕事、もしくは正社員よりも重要な仕事を与えられる場合もあります。その割には月収が少ない・福利厚生に差がある、といったことも発生します。

 

  • 正社員よりも、契約内容の取捨選択の余がある

 正社員と同等、またはそれ以上の責任の仕事をして、契約社員に何が与えられるかというと、「取捨選択の余地の多さ」です。「地域限定職(担当部署や他店舗への異動が無い)」での雇用や、職種の変更が無い(管理スタッフで雇用されると、そこから売り場担当になる事はない)雇用など、自分の希望する状況が確約されている立場です。その分、正社員に比べて、得られる給与や条件も少なくなります。何を優先し、何を妥協するかを考えないといけない立場です。

 

 百貨店は、商品も仕事も多種多様です。契約社員だと、さらにその中から、何にスポットを当てて働くかという事を考え、選び抜いた条件で働いていくことが大切です。

 

本記事は2017/01/17の情報で、内容は百貨店(デパート)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する