百貨店の転職と面接

業界:百貨店(デパート)

26views

imasia_9785560_M

 

 百貨店を志望する際に受ける面接に対してのポイントをまとめます。大まかに踏んでいただきたいのは、以下のステップです。

 

  • その企業の特色をつかむ
  • 自分のアピールポイントに対して、合致する特色を持つ企業を探す

 

その企業の特色をつかむ

 百貨店への転職において、まず掴んでいただきたい事はその百貨店ごとの特色です。どんな人間が働いているのか、どういった社風なのかを大まかでいいので掴んでください。例えば下記のように様々な着眼点があります。

 

  • 企業のカラーとして改革的か保守的か
  • チャレンジ精神でどんどん突き進む人が欲しいか、着実冷静にコツコツタイプの人が欲しいか
  • 1つの配属先で腰を据えた働き方をして欲しいか、キャリアアップをして管理職を目指して欲しいか

 もちろん上記は一例ですが、転職したい企業がどんな人材を求めていてどんな会社なのかというのをリサーチするのは、面接で色々な発言をするにあたり、必要になってきます。

 

  • 転職面接での成功のポイントはまず「相手を知る」こと。

 

自分のアピールポイントに対して、合致する企業を探す

 次に、転職希望先の特色に対して、自分はどんな長所をアピールしていけるかを考えます。その際に注意してほしいことが「受かる為にアピールポイントを作らないこと」です。

 

 例えば、志望する企業が「チャレンジ精神でどんどん突き進む人が欲しい」とすると、自分の中のそれに関するエピソードを手繰り寄せて、なんとか1エピソードを作る、といった様なことはよろしくないということです。

 

 そうではなく、下記の順番で、企業に巡り合うのが転職者からしても企業側からしても望ましいです。

 

  • 自分の長所は「確実な1歩を積み重ねるタイプ」という考えに至る。
  • 色々な企業をリサーチしていく
  • 「コツコツと階段を上がる人間が欲しい」という企業を見つけ、「確実な1歩を積み重ねるタイプ」の自分に合うと感じ、より深い求職活動をかける。

 上記のステップを踏んで、企業へ面接に行くと面接に苦しむ事が減るでしょう。そもそも、合致しているとリサーチが出来ているわけです。あとは、面接の中で「どれだけより合致しているか」「合致した中で、その企業を志望する理由」「熱意」「人柄」を、伝えるのみです。その企業の為の面接シナリオをわざわざ考えるから、苦労をし、仮に入社出来ても、さまざまな壁にぶつ当たりやすくなるのです。

 

 百貨店業界への転職を志望する方は、自分をきちんと見つめて、自分に合う百貨店にむけて応募するような道を取ってください。これが、百貨店業界への一番の道でしょう。

 

  • 採用されるために先方の希望に沿った発言をするのではなく、自分のPRポイントに合致した企業をリサーチして転職するのが望ましい。

 

本記事は2017/01/16の情報で、内容は百貨店(デパート)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「マイナビ」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!マイナビエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する