百貨店の仕事内容

業界:百貨店(デパート)

32views

imasia_12616616_M

 

百貨店で重要とされる仕事とは?

 百貨店で働く人間の仕事内容は「店頭に立って丁寧に接客する」だけのイメージが先行しがちですが、様々な仕事が存在します。今回は、百貨店として特に重きが置かれている3項目を紹介します。

 

  • 接客販売

 様々な仕事が存在するといっても、やはりこの「接客販売」が百貨店の要です。どんなに地方の小さな店だとしても接客をおろそかにすると、百貨店を名乗る事を許されないといっても過言ではありません。

 

 しかもお客様を満足させる為の接客販売を作り上げるには、必要な事や知っておくべきことが沢山あります。百貨店ならではの内容をあげると、以下などがあります。(ここに挙げた以外にも、まだまだ必要な事があるという事は言うまでもありません。)

 

  • 自分の担当売り場のアイテムについての幅広い知識
  • 同じ店の他店舗の状況(このアイテムは○○店にはありますか、等)
  • お店全体の案内(どのフロアに何があるかは、覚えさせられます)
  • 冠婚葬祭に関するマナーやお勧め等(百貨店はギフト需要が大きい為)

 また、知識だけではなく、お客様を見極め、接客の塩梅を考える事も求められるので、接客に関しては、詳しくマニュアル化しにくい仕事です。

 

  • 売り場作り

 百貨店はアイテムの定価販売がどの販売業界よりも多いです。その為、商品を並べるだけでは、競争に勝てません。お客様の購買意欲を掻き立てる売り場づくりは、数字を挙げていく為の重要な仕事です。

 

 例えば、百貨店内にイベントコーナーを設けたり、時にはその店に入っているテナントさんを巻き込んで、フロアや店舗単位で店の空気を盛り上げていきます。百貨店として求められる売り場作りに憧れを抱いてこの業界を目指す方も多いでしょう。

 

  • 人材教育

 上記の2つにも関係してきますが、値段の安さを売りにするのは難しく(カネ)、PBを持つ企業はまだまだ少なく(モノ)、カネ・モノで勝負ができない百貨店は、ヒトが要です。なので、接客販売やお店に関する基礎知識の浸透には、力を入れています。

 

 百貨店は、正社員、パートタイマー、テナントさんのスタッフさん等、様々な働き方の人が入り組んでいます。この様々な人をきちんと育て上げ、自社の魅力、「人」、として売り出せる様にしていくことが重要です。売り場に関しては売り場に立っている人間の方が詳しい為、教育は人事よりも各売り場で行う方にウエイトが置かれる場合も多々あります。

 

  • その他

 この他にも、百貨店は一企業なので、会社としてもスタッフ部門などの仕事も存在しますが、取り扱うアイテムが多い分、かなり多様化した業務内容になります。その仕事面での多種多様さも、百貨店ならでは特徴かもしれません。

 

  • 百貨店勤務の代表的な仕事には、接客販売や売り場づくり、人材教育などがある。その他にもスタッフ部門など多様な仕事がある。

 

本記事は2017/01/16の情報で、内容は百貨店(デパート)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する