海外へ頻繁に渡航ができる旅行代理店の求人

業界:旅行代理店

6views

imasia_1534683_M_R

 

海外へ行ける旅行代理店の仕事は?

 旅行代理店へ入社すれば、しょっちゅう海外に行ける!そんなイメージを持っている人も多いでしょう。しかし実際は、頻繁に海外へ渡航する機会のあるポジションは限られています。今回は、旅行代理店の中でも、出張等の業務で海外に行くチャンスの多い仕事を紹介します。

 

  • 旅行代理店の添乗

 旅行代理店の社員が海外に行くイメージとして、添乗員を一番に思い出す人も多いでしょうが、ツアーの添乗員は、その多くが旅行代理店の社員ではなく、添乗員として別の会社に登録をしているのです。旅行代理店の社員としての添乗はその多くが、団体旅行販売の営業担当者が自分のとってきた仕事の最終仕上げとして同行するものになります。つまり、自分で獲得してきた仕事によって、海外に行けるかどうかは変わってくるのです。会社によっては、海外専門の団体旅行の支店を設置しているところもあり、その箇所に配属されれば、海外へ渡航する機会はぐっとあがります。

 

  • ツアーの添乗員(※旅行代理店でなく派遣会社のケースが多い)

 旅行代理店のカウンターへ行くと、世界各地のツアーが掲載されたパンフレットが並んでいます。これらのツアー、または、よく新聞広告等で掲載されるメディア系のツアーも同様ですが、旅行の条件のなかで「添乗員付き」と記載されたツアーには日本から添乗員が同行します。しかし、上記の通り、この添乗員は必ずしもその会社の社員とは限りません。多くは添乗員を派遣する会社へ依頼しているからです。

 

 添乗員の派遣会社へ登録すると、新人のうちは日帰りのバスツアー等に添乗をし経験を積みます。その後は宿泊付きのツアー、それからようやく海外ツアーへの添乗ができるようになります。

 

  • 仕入れ・企画担当

 旅行代理店で、海外に頻繁に渡航する部門としては、海外旅行の仕入れや企画があります。特に、会社で新しく重点的に売り出す方面が決まると、特に日本でまだ馴染みの無い場所である場合はどのような素材があるのか、また、どのようにお客様にアピールをするのかを考えるために企画担当者は渡航をしますが、仕入れ担当者も現地のホテルや移動手段の確認をするために、現地を訪問します。

 

 海外へ行けるだけでなく、これから人気が出ることが予想できる場所を視察に行くことができるのは、仕事だけでない楽しみがあります。ほかに、既に人気のある場所でも新しく大型ホテルがオープンするなどのタイミングで訪問をすることがあります。

 

本記事は2016/12/26の情報で、内容は旅行代理店での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

旅行代理店に関連する転職者の声

  1. 3度目の転職で夢だった大手旅行代理店営業の道に!
ページ上部へ移動する