旅行代理店の採用の雇用形態

業界:旅行代理店

15views

imasia_12852218_M

 

旅行代理店の雇用形態の分類

 旅行代理店では多くの店舗や事務所の中に正社員(全国型・地域限定)・契約社員・派遣社員と、異なる雇用形態の社員がいます。求人情報を見る時は、どの形態での募集かを確認することが必要です。

 

  • 正社員

 正社員の中には、日本国内での転勤が可能な全国型と、採用されたエリアに限定して転勤がある地域限定社員があります。全国型でも入社した後の配属は、採用されたエリアであることが殆どですが、数年経つと徐々に違うエリアへ異動をする社員が見受けられます。特に、団体営業においては、支店を各都市1~2ヶ所に集約してあることが多く、通勤できる範囲に他の支店が無いことが多いからです。また、本社でのプロジェクト立ち上げ等のために転居を伴う転勤になるケースもあります。

 

 反面、個人旅行担当のカウンターでは、地域限定社員が多く働いています。特に、大都市においては自宅から通える距離にいくつも店舗があるため、地域内で転勤をすることができるからです。給与面では、全国型に比べて多少低くなりますが、単身赴任の心配が無いため女性には人気の職種です。しかし、全国型社員に比べると、昇格のチャンスは制限されています。

 

  • 契約社員

 契約社員は、個人旅行販売のカウンターや、団体旅行の支店で手配や営業マンのアシスタントとして働くことが多くなります。企業によって待遇は様々ですが、給与面では正社員より安く、退職金は無いこと殆どです。正社員と同じ業務にも関わらず待遇は異なるため、不公平感を感じる社員も多くいます。

 

 しかし、旅行代理店へ就職をするには、契約社員の方が採用選考をパスしやすい傾向があり、研修期間も設けられているため、未経験の新卒入社であったとしても安心して仕事ができます。契約社員から正社員への昇格試験もありますので、正社員に向けての1ステップだと割り切って入社する社員もいます。

 

  • 派遣社員

 企業にとっては、前述の契約社員よりコストがかかるため、経験者であることと高いスキルを求められます。また、旅行に特化した派遣会社へ依頼をすることが多いため、旅行代理店で働く事を希望するのであれば、一般の派遣会社以外にも専門の会社に登録しておくことをお勧めします。他の雇用形態とは異なり、1時間あたりの給与での契約であることが殆どです。

 

本記事は2016/12/26の情報で、内容は旅行代理店での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

旅行代理店に関連する転職者の声

  1. 3度目の転職で夢だった大手旅行代理店営業の道に!
ページ上部へ移動する