旅行代理店の年収相場

業界:旅行代理店

28views

imasia_11688349_M

 

そう高くはない旅行代理店の年収相場

 旅行代理店は、他の業種と比べると年収は低い傾向にあります。個人や所属している支店の業績によって査定が付き、基本給が変わることもありますが、決して高額とは言えません。

 

 大手旅行代理店の大卒新入社員の初任給は平均20万円前後です。意外と高額だと思われるかもしれませんが、旅行代理店の場合はここからの昇給が少ないのが現状です。勤務内容の割に薄給だと言われますが、これは旅行代理店の収入源が中間マージンのため、ある意味仕方のないことでもあります。

 

 諸手当としては、団体旅行営業担当者には「添乗日当」があります。旅行シーズンの春・秋はプライベートでお金を使う暇もないほど忙しく、添乗もひっきりなしであるため会社から支給された日当がお財布にただただ貯まって行くという営業マンもよく見かけます。

 

  • 旅行代理店の年収は概してそう高くはない。昇給率が低い傾向もある。

 

経済的メリットとも言える「旅行代理店で働くメリット」は?

 旅行が好きというモチベーションが無く高収入を求める方には、正直、旅行代理店への転職はお勧めできません。しかし、旅行好きの方には、収入以外で次のようなメリットがあります。直接の給与というわけではないですが「経済的メリット」と言えるかもしれません。

 

  • 添乗や視察等で旅行ができる

 仕事とはいえ、知らない風景を見たり、美味しいものを食べたりするのは旅行好きには堪らないメリットです。特に視察では、訪問先は「売って欲しい」と思って歓待をしてくれますので、ワンランク上の旅行ができることもあります。

 

  • プライベートでも安く旅行ができる

 一般の企業ではお盆休みも固定されていることが殆どですが、シフト制を引いて交代に休みを取る部署では、ピーク時を外した安い時期に旅行へ行けます。また、自社パッケージツアーの割引や航空会社やホテルから案内される業者価格を使って格安に旅行ができます。つまり、収入は低くても、旅行にかける出費は抑えることができるのです。また、上司も基本的には旅行好きが多いので、休みを取りやすい環境であることが多いです。

 

  • その他

 大手旅行代理店では、労働組合の活動が比較的活発に行われているため、意識して有給休暇を消化させる施策がとられています。更に、産前産後休業や育児休業、短時間勤務などの制度が充実しています。これらの事を加味すると、特に旅行が好きな女性にとっては、手取りとしての収入は少なくても、就職先の候補の一つにはなるでしょう。

 

 また、国家資格である「旅行業務取扱管理者」を取得すると、手当が付く企業もあります。旅行業界で働くにあたって取得して損は無い資格ですので、チャレンジする価値はあります。

 

  • 仕事で観光地に行けたり、プライベートで安く旅行がしやすかったりという点は、旅行代理店ならではの経済的なメリット。

 

本記事は2016/12/26の情報で、内容は旅行代理店での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

旅行代理店に関連する転職者の声

  1. 3度目の転職で夢だった大手旅行代理店営業の道に!
ページ上部へ移動する