子育て中の方向けのグラフィックデザイナーの求人

職業:グラフィックデザイナー

83views

imasia_922198_M_R

 

グラフィックデザイナーと子育ての両立は可能

 グラフィックデザイナーの仕事は、クライアントや印刷所の都合や納期のため、なかなか思うように仕事が進まないこともあります。そのため、子育てをしながら仕事をすることは一見難しいように感じます。しかし、周囲の支援や工夫により、子育て中もグラフィックデザイナーとして活躍することはできます。

 

 また、自由に働けて魅力的に映るフリーランスですが、子育てに追われて自宅で仕事をすることが難しかったり、納期等に最終責任を持たないといけないため子育てとの両立が難しいという側面もあります。なので、きちんとした子育て支援のシステムが整っている企業を選ぶことも選択肢の一つとして有効です。

 

子育てと両立しやすい職場環境が増えている

 今まで多くのデザイナーが妊娠や子育てを機に退職してきました。しかし現在では、大企業や中小企業においては託児所や子育て支援相談室を設ける企業も増え、子育てとの両立がしやすい環境場が増えてきています。

 

 また、一つの仕事を分業して進めることで、子供の具合などで誰かが欠けてしまっても、すぐに対応できるようなシステムを作っている職場も多いです。

 

子育て中の求職活動のポイント

 子育て中に求職活動をする際には、自分が働ける時間を確認し、正社員やパートタイムなどどのような働き方が自分に合っているか考えましょう。面接時においても、先方に子育て中であることを伝え、託児所など子育て支援のシステムがあるかをきちんと確認しておきましょう。パート希望の場合は、パートでも利用することができるかを確認しておくことも大切です。

 

 また、子育てで一度デザインの業界から離れても、最新のデザインソフトや時事、流行などを学び直し、即戦力となれるようアピールすることも大切です。

 

  • フリーランスで活動するよりも、子育て支援の整った企業に勤務する方が、仕事と子育てを両立しやすいケースが多い。

転職サイトランキング【2021年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2016/12/15の情報で、内容はグラフィックデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

グラフィックデザイナーに関連する基礎知識

グラフィックデザイナーTOP

  1. グラフィックデザイナーの転職事情

グラフィックデザイナーの転職の基礎

  1. グラフィックデザイナーの仕事内容
  2. グラフィックデザイナーの年収相場
  3. グラフィックデザイナーの転職と面接対策
  4. グラフィックデザイナーの履歴書作成方法
  5. グラフィックデザイナーの自己PRと志望動機
  6. グラフィックデザイナーの他業種への転職
  7. グラフィックデザイナーのブランク明けの再就職
  8. グラフィックデザイナーにオススメの資格

条件別のグラフィックデザイナーの求人

  1. グラフィックデザイナーの正社員求人
  2. グラフィックデザイナーの契約社員求人
  3. グラフィックデザイナーのパート求人
  4. 子育て中の方向けのグラフィックデザイナーの求人
  5. 新卒のグラフィックデザイナーの求人
  6. 未経験者可のグラフィックデザイナーの求人
  7. 残業が少ないグラフィックデザイナーの求人
  8. 高収入のグラフィックデザイナーの求人

年齢別のグラフィックデザイナーの転職例

  1. 20代のグラフィックデザイナーの転職例
  2. 30代のグラフィックデザイナーの転職例
  3. 40代のグラフィックデザイナーの転職例

グラフィックデザイナーに関するコラム

  1. グラフィックデザイナーの最終学歴
  2. グラフィックデザイナーのポートフォリオ作成方法
  3. グラフィックデザイナーの残業事情
  4. グラフィックデザイナーのキャリアアップについて
  5. グラフィックデザイナーの離職事情
  6. グラフィックデザイナーの1日の仕事の流れ
ページ上部へ移動する