歯科助手の転職と自己PR

職業:歯科助手

3898views

imasia_16465345_M

 

応募先に合わせた自己PRを準備

 歯科助手として転職する際には、類似した求人情報がたくさんあります。実際の転職をシュミレーションしながら、自己PRを考えましょう。自己PRは、応募する医院の情報を事前にきちんと確認して、準備することが必要です。

 

歯科助手以外の経験も自己PRに組み込める

 患者様の対応がより多い「歯科助手兼受付」は、接客などの経験があればそこからつなげてアピールすることもできます。またコールセンターなどの経験があると電話対応も任されやすいので、自己PRに盛り込めるポイントになります。

 

 また、前職などで医療福祉関連の業務経験があれば、ある程度の採用ポイントになります。病院の趣旨にもよりますが、医療福祉関係者は歯科医院に関する理解度も高いと期待されますので、アピールポイントとしては大きいです。また、やはり歯科でも救急対応を行う場合があるため、時間外勤務が発生する可能性があります。それを受け入れられるか、対応できる人物であるかどうかも採用側は見ています。医療福祉関係者ならばある程度の受け入れ態勢ができていると判断されやすいです。

 

  • 助手兼受付なら、接客業やコールセンターの経験をアピールできる。医療福祉関連の業務経験者は業界への理解があるとして期待される傾向。

 

アピールすべき点とそうでない点

 前職を退職して歯科助手を選ぶ場合、退職理由が人間関係などだとマイナスと捉えられる可能性もあるので、前面に出さない方が無難です。医療機関はチームワークを大事にしていますので、自己主張が強いとマイナスイメージを与えてしまう場合があります。

 

 自己分析をして、これから構築していきたい同僚との関係をしっかりとイメージし、新しい自分をアピールしていくことも大切になります。特に人間関係というのは複雑なものなので、チームワークを重視したプラスの面を上手にアピールしましょう。

 

 コミュニケーションを上手く取れることは、仕事上とても重要です。前職の役職がコミュニケーション能力の高さを示すものであるなら、積極的にアピールすべきです。どんな状況でも修復できる能力を持っていると判断されれば良いイメージにつながります。

 

  • 人間関係が退職理由の場合は、マイナス評価の可能性もあるので表には出さない。チームワークを重視し、良好な人間関係を築ける人材が好まれることを意識する。

 

前職がない場合

 初めての就職で歯科助手を選んだ場合は、素直な気持ちを十分にアピールしましょう。どのような点に興味や関心を持ったのか、どのようなことが得意なのか、などです。歯科助手は未経験歓迎の求人もよく出ているので、患者様を笑顔にしたい、専門分野をたくさん学んで将来活かしていきたい、などのやる気をアピールするのも有効です。

 

 もし学生のときにスポーツ系の部活をしていたなら、それを自己PRに含めましょう。歯科助手は立ち仕事になるので、体力や忍耐があることも一緒にアピールすると更に良いです。前職がなくても、アルバイトなどの経験も含めて、仕事への気持ちをしっかりと分かりやすくアピールするのが大切です。

 

  • 初めての就職なら、歯科助手に興味を持った理由や、仕事へのやる気、熱意をアピールする。

 

本記事は2015/08/11の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する