歯科助手の年収相場

職業:歯科助手

890views

imasia_15995801_M

 

医院によって異なる年収

 歯科医院によって診療内容が異なる為、初任給や基本給に差が出ることがあります。医院によって選べる科目があり、それによって給料に反映される額が異なるのです。また都道府県別によって賃金形態も違いますので、ボーナスを含めた年収にはバラつきがあり、歯科助手の年収相場としては170万円~350万円ぐらいといったところです。

 

 歯科助手の給料体制は、基本給+交通費+皆勤手当て、その他技能手当てで設定されています。基本給の設定を低くしてボーナスを抑える形がよくとられますので、面接の際には確認しておきましょう。昇給については1年に1度昇給する歯科医院が多いです。働く年数が長ければ給料が上がる年功序列制度のほか、自費診療や訪問診療を主体とする歯科医院であれば、歩合(インセンティブ)や訪問手当てなどが別途出る場合があります。

 

 注意点としては、歯科といっても医療の現場ですので、時間外勤務も当然あります。その時間外手当が給料に既に含まれていて別途支給されないケースもありますので、時間外手当がきちんと出るかどうかも面接の際に確認すると良いです。

 

  • 科目や地域差が大きいが、歯科助手の年収は170万~350万程度。

 

給料設定が高い歯科医院とは

  • 自費を主体とする歯科医院

 自由診療と呼ばれる自費を主体とした歯科医院があります。主に審美歯科と呼ばれるものですが、虫歯治療を目的とするのとは別で、歯を美しく見せるために行われる治療となります。その為、保険診療の対象ではなく自費での取り扱いとなり、治療費が高額になります。

 

 自費を取り扱う歯科医院では、インプラント(歯のない所へ歯の埋め込みをする手術)治療、歯を白くするためのホワイトニング治療、歯並びを良くするための矯正歯科治療、保険適用外のかぶせ物をしたりする等、自費診療の種類もたくさんあります。そのような自費診療を主体にしている歯科医院は、基本給自体の設定が高い場合が多いです。

 

  • 保険診療であるのに給料設定が高い場合

 その他では、訪問歯科をしてる歯科医院も給料設定が高いことがあります。訪問歯科では、自力では通院が難しい患者様のところへ訪問して診察するのですが、保険診療である中で、訪問することや機械等も運んでいくこと等から保険点数の設定が通常より高いため、基本給も高く設定されている場合があります。

 

  • 自費診療や訪問歯科を扱う歯科医院は、給料が高めに設定されていることも。

 

歯科助手は再就職に強い

 歯科助手は比較的正社員になりやすい職種です。週休2日の休みやボーナスの支給も安定していることが多いです。医院にもよりますが、福利厚生もある程度充実しています。また、女性の場合、出産後に離職することが多いなかで、専門知識を身に付けたことにより再就職がしやすい業種の一つです。パートの需要も多いので、一度離職しても就職先を見つけやすく、待遇も安定していることは大変魅力的です。

 

本記事は2015/08/11の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する