歯科助手の仕事内容

職業:歯科助手

629views

imasia_318768_M

 

 歯科助手の一般的な仕事内容は、診療補助(アシスタント業務)と受付業務です。

 

診療補助(アシスタント業務)

 診療補助では、バキュームと呼ばれる器具で唾液を吸うアシスタント業務から主に始まり、診療がスムーズに行えるように器具やその他多数の材料の準備をすることが必要になります。一見簡単そうに見えてもそれぞれに名前があり、カタカナがたくさん飛び交い、専門用語に加えて専門知識も少々必要になってきます。

 

 術者であるドクターに応じて治療内容も異なりますので、準備する内容に変更があればその都度アシスタント側も対応しなければなりません。ドクターの他にも、国家資格を持った口腔内ケアのプロである歯科衛生士がいます。歯科衛生士のバキューム補助につくこともあります。

 

 ユニットと呼ばれる、診療に使われる診察台の除菌作業や、器具の消毒等も行いますし、治療に使う薬剤の準備もしなければなりません。器具の名称も多数あり、他に薬剤も複数使用します。歯科専門知識を身に付けたうえで、それぞれの名称を覚えて準備できるようになるまでは、個人の努力が必要になります。

 

 基本的には、色々な器具や材料の準備と洗浄作業が、診療補助・アシスタントの主な業務内容になります。患者様を気持ち良く迎えられるようにサポートすることです。歯科助手はたくさんの患者様の口腔内を見ることができる業種です。口腔内をきれいにしていく美意識が高まるうえに、心筋梗塞などを引き起こすといわれる歯周病についても学べます。これは歯科訪問診療でも注目されている口腔内ケアに重要な関わりがあります。専門スキルが身に付くことがメリットです。

 

  • 器具や材料の準備・洗浄をし、ドクターや歯科衛生士のアシスタント業務を行う。専門知識も求められる。

 

受付業務

 受付業務には、電話対応・予約業務・会計業務・保険請求業務があります。電話対応では、専門の知識を必要とする場面が出る事もあります。電話を掛けてきた患者様の質問に返答できる程度の知識は身に付けておく必要があります。予約業務についても、歯が痛くなくなると通院をやめてしまう患者様が少なからずいらっしゃいます。通院の必要性をきちんと伝えたうえで、予約を取ります。

 

 会計業務では、歯科の場合、請求金額が高額になることがあります。その理由は、歯に何かかぶせ物等をすることにより、金属代金や、術者側の技術料とする為の保険請求点数があるからです。治療に対しては痛み止めや抗生剤の薬まで渡すこともありますので、行った治療内容についても説明できる知識が必要です。

 

 また、歯科医院によっては保険請求業務が付随してくる場合もあります。いわゆるレセプト請求業務です。歯科診療の保険請求についての知識が必要になります。これは外部委託している場合も多いので、面接の際に質問しておきましょう。

 

 受付の基本姿勢は、患者様の立場に立ち、気持ち良く治療を受けていただけるよう、様々なサポートをしていくことにあります。医院によっては受付業務と診療補助(アシスタント業務)の両方を併せて行うところもあれば、別々のこともありますが、受付業務では接遇マナーが学べるうえに専門スキルも必然的に身に付きますので、魅力的です。

 

  • 受付業務においても、治療内容や保険請求などの専門知識が求められる場合がある。接客マナーも専門スキルも習得できるのが魅力。

 

本記事は2015/08/11の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する