グラフィックデザイナーのパート求人

職業:グラフィックデザイナー

6views

imasia_15626903_M

 

ライフスタイルに合わせた働き方ができるパートタイム求人

 グラフィックデザイナーというと、正社員が中心になって働くイメージがありますが、もちろんパートタイムでの求人もあります。パートタイムは、プライベートの家事や子育て、介護などで忙しい人が、限られた時間の中で働くのに適したシステムです。

 

 新卒などでグラフィックデザイナーとして就業した人で、その後何らかの事情があり正社員で働けなくなった人や、学校に行きながら働こうとする人の強い味方と言えるでしょう。

 

グラフィックデザイナーのパート求人の絶対数は多くはない

 大企業・中小企業・制作会社・プロダクションなど、グラフィックデザインを製作している様々な場所からパートの求人がありますが、その絶対数はあまり多くはありません。なぜなら、グラフィックデザイナーの就職先として中小企業や制作会社、プロダクションなどが多いため、パートを雇う余裕を持っているところがどうしても少ないからです。しかし、主婦や学生向けにパートでの求人を出しているところもあるので、根気強く探してみましょう。

 

学生パート以外は即戦力であることが求められる

 学生以外のパートのグラフィックデザイナーに求められることは、「即戦力」であるということです。学生の場合、勉強がてらという雰囲気で雇ってくれますが、経験者においてはそうはいきません。最新のデザイナー向けソフトの学習はもちろん、最新の流行デザインや、世の中の流れ、時代背景を学んでおくことも就職活動に欠かせません。

 

 また、実績も重視されるので、今まで関わった仕事のポートフォリオを持ち歩き、すぐアピールできるようにしましょう。さらに、円滑なコミュニケーション能力も欠かせません。その職場でのやり方をできるだけはやく覚え、職場になじめる人が求められるでしょう。

 

  • 様々な職場から求人が出ているが、グラフィックデザイナーのパート求人数自体は多くはない。
  • 学生向けのパートはそこまでの技術・実績を求められることはないが、経験者の場合は即戦力であることが求められることが多い。パートといえども、今までの経験・実績をしっかりとアピールする必要がある。

転職サイトランキング【2021年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2016/12/14の情報で、内容はグラフィックデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

グラフィックデザイナーに関連する基礎知識

グラフィックデザイナーTOP

  1. グラフィックデザイナーの転職事情

グラフィックデザイナーの転職の基礎

  1. グラフィックデザイナーの仕事内容
  2. グラフィックデザイナーの年収相場
  3. グラフィックデザイナーの転職と面接対策
  4. グラフィックデザイナーの履歴書作成方法
  5. グラフィックデザイナーの自己PRと志望動機
  6. グラフィックデザイナーの他業種への転職
  7. グラフィックデザイナーのブランク明けの再就職
  8. グラフィックデザイナーにオススメの資格

条件別のグラフィックデザイナーの求人

  1. グラフィックデザイナーの正社員求人
  2. グラフィックデザイナーの契約社員求人
  3. グラフィックデザイナーのパート求人
  4. 子育て中の方向けのグラフィックデザイナーの求人
  5. 新卒のグラフィックデザイナーの求人
  6. 未経験者可のグラフィックデザイナーの求人
  7. 残業が少ないグラフィックデザイナーの求人
  8. 高収入のグラフィックデザイナーの求人

年齢別のグラフィックデザイナーの転職例

  1. 20代のグラフィックデザイナーの転職例
  2. 30代のグラフィックデザイナーの転職例
  3. 40代のグラフィックデザイナーの転職例

グラフィックデザイナーに関するコラム

  1. グラフィックデザイナーの最終学歴
  2. グラフィックデザイナーのポートフォリオ作成方法
  3. グラフィックデザイナーの残業事情
  4. グラフィックデザイナーのキャリアアップについて
  5. グラフィックデザイナーの離職事情
  6. グラフィックデザイナーの1日の仕事の流れ
ページ上部へ移動する