グラフィックデザイナーの正社員求人

職業:グラフィックデザイナー

30views

imasia_9154095_M

 

正社員のグラフィックデザイナーとして働くということ

 グラフィックデザイナーの中でも、一番多い求人は正社員です。クリエイティブの中心人物として活躍する場を求めるなら、正社員の求人を探すべきでしょう。責任が増え、やりがいがあり、ボーナスや様々な手当ての対象となります。残業や休日出勤の調整もしやすいポジションです。グラフィックデザイナーとして、がっつり働きたいという人には正社員がおすすめです。

 

大きな企業ではどの部署で働くかも考える

 グラフィックデザイナーを募集している企業は、大企業・中小企業など様々です。その中でも、大企業や中小企業の一部の部署でグラフィックデザイナーとして就業する場合には、専門の部署に配属されることとなります。例えば、制作部やクリエイティブディレクション部などといった、クリエイティブに特化した部署が挙げられます。

 

 そういった場合は、クライアントとの依頼や打ち合わせは営業が中心となって対応してくれるようになることが多いです。その分、制作に時間や意欲をかけることができます。制作に集中したい人や、その企業で特化している広告制作・出版物制作など、企業に合った経験を積みたい人は、企業の中のクリエイティブな部署を目指すと良いでしょう。

 

製作会社やプロダクションの求人について

 制作会社やプロダクションでも正社員の求人需要は高くなっています。大企業より規模は小さくなりますが、その分社員同士の距離が近く、団結力のある職場となるでしょう。また、営業がいない場合も多いため、直接クライアントと話す機会が増え、様々な経験を積むことができます。

 

 名の通ったグラフィックデザイナーが経営している制作会社やプロダクションもあるため、尊敬するデザイナーの元で働きたい人にもおすすめです。その場合は、まず尊敬するデザイナーがプロダクションを持っているか、求人しているかも確認してみましょう。

 

 制作会社やプロダクションでは、自分で仕事をとり、自分の意見やアイデアを直接クライアントと話し合い、よりクリエイティビティな仕事ができる場になります。自分の適正に合わせて、職場を選ぶことが大切です。

 

  • 大企業のグラフィックデザイナーの正社員は、クリエイティブ専門の部署に配属になることが多い。一方、小さな製作会社やプロダクションでは、自らが営業をする必要があるなど、業務内容が多岐に渡るケースが多い。
  • 自分の目指すものや適正に応じて、職場を選ぶことが大切。いずれにせよ、クリエイティブの中心として活躍したいのであれば、正社員の求人を探すと良い。

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2016/12/14の情報で、内容はグラフィックデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

グラフィックデザイナーに関連する基礎知識

グラフィックデザイナーTOP

  1. グラフィックデザイナーの転職事情

グラフィックデザイナーの転職の基礎

  1. グラフィックデザイナーの仕事内容
  2. グラフィックデザイナーの年収相場
  3. グラフィックデザイナーの転職と面接対策
  4. グラフィックデザイナーの履歴書作成方法
  5. グラフィックデザイナーの自己PRと志望動機
  6. グラフィックデザイナーの他業種への転職
  7. グラフィックデザイナーのブランク明けの再就職
  8. グラフィックデザイナーにオススメの資格

条件別のグラフィックデザイナーの求人

  1. グラフィックデザイナーの正社員求人
  2. グラフィックデザイナーの契約社員求人
  3. グラフィックデザイナーのパート求人
  4. 子育て中の方向けのグラフィックデザイナーの求人
  5. 新卒のグラフィックデザイナーの求人
  6. 未経験者可のグラフィックデザイナーの求人
  7. 残業が少ないグラフィックデザイナーの求人
  8. 高収入のグラフィックデザイナーの求人

年齢別のグラフィックデザイナーの転職例

  1. 20代のグラフィックデザイナーの転職例
  2. 30代のグラフィックデザイナーの転職例
  3. 40代のグラフィックデザイナーの転職例

グラフィックデザイナーに関するコラム

  1. グラフィックデザイナーの最終学歴
  2. グラフィックデザイナーのポートフォリオ作成方法
  3. グラフィックデザイナーの残業事情
  4. グラフィックデザイナーのキャリアアップについて
  5. グラフィックデザイナーの離職事情
  6. グラフィックデザイナーの1日の仕事の流れ
ページ上部へ移動する