グラフィックデザイナーの仕事内容

職業:グラフィックデザイナー

63views

imasia_14566771_M

 

デザイナーにも様々な分野が存在する

 デザイナーとはモノをデザインする仕事ですが、デザイナーと一口に言っても様々な分野に分かれます。例えば、立体物を作るプロダクトデザイナー、ファッションを制作する服飾デザイナー、住居や店舗の内装を考えるインテリアデザイナーなどです。人が生活していくためのモノのデザインは、そこかしこに存在し、それだけの分野のデザイナーがいます。

 

 その中でも、グラフィックデザイナーとは視覚デザインを中心に制作する職業のことです。視覚デザインとは、目で見て訴えかけるものであり、主な媒体としては様々な宣伝広告や本やCDのデザインなどが当てはまります。

 

視覚に訴えかける媒体選びからデザインまでを考える仕事

 目で見て訴えかけるモノは、私たちの生活の様々な所に存在しています。そのため、グラフィックデザイナーの仕事は多くの媒体に渡り、それぞれの媒体に対してアイデアを出しながら目的のためのデザインをすることになります。

 

 そもそもデザインの仕事とは、「商品を宣伝したい」「多くの人に手にとってもらいたい」など、それぞれの目的に向かって何を作るかを考えることが始まりとなります。その目的を具現化するために、媒体を考えることになります。

 

 媒体とは、新聞広告やポスター、チラシ、フライヤーなどをはじめ、電車の中吊り広告、タクシーの車内広告など、生活の中に溶け込むさまざまなものも媒体となり得ます。デザイナーはその中からどの媒体が一番適しているかを見極め、どのようなグラフィックをもって広告を制作するかを考えることになります。

 

 他にも、本やCD・ブルーレイなどのデザインもグラフィックデザイナーとして請け負うことが多いです。あらかじめ媒体が決定している場合でも、目的をもってどのようなデザインにしたら、手に取る人にわかりやすいかを考えてデザインすることが仕事になります。

 

クライアンとのコミュニケーションは欠かせない

 これらの仕事内容を踏まえた仕事の流れは、クライアントの依頼、打ち合わせ、制作、修正、納品といった流れが一般的です。この流れの中で、一番重要なのは打ち合わせです。クライアントの依頼内容とデザインとの相違がないかを確認することが大切です。

 

 また、クライアントが言い表せないような絶妙なニュアンスもグラフィックデザイナーとして汲みとり、デザインに落とし込むことで、デザイン性の高いグラフィックが生まれます。最終的に完成したグラフィックデザインは、クライアントとそのお客様のコミュニケーションをつなぐ架け橋になります。

 

  • クライアントの目的を理解し、それに適した「媒体選び」と「デザイン」がグラフィックデザイナーの仕事内容。(もともと媒体が決まっている場合も、クライアントの目的をしっかりと意識する。)
  • 仕事をすすめるにあたって大切なのはクライアントとの打ち合わせ。クライアントの意向をしっかりと汲み取ることが重要。

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2016/12/14の情報で、内容はグラフィックデザイナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

グラフィックデザイナーに関連する基礎知識

グラフィックデザイナーTOP

  1. グラフィックデザイナーの転職事情

グラフィックデザイナーの転職の基礎

  1. グラフィックデザイナーの仕事内容
  2. グラフィックデザイナーの年収相場
  3. グラフィックデザイナーの転職と面接対策
  4. グラフィックデザイナーの履歴書作成方法
  5. グラフィックデザイナーの自己PRと志望動機
  6. グラフィックデザイナーの他業種への転職
  7. グラフィックデザイナーのブランク明けの再就職
  8. グラフィックデザイナーにオススメの資格

条件別のグラフィックデザイナーの求人

  1. グラフィックデザイナーの正社員求人
  2. グラフィックデザイナーの契約社員求人
  3. グラフィックデザイナーのパート求人
  4. 子育て中の方向けのグラフィックデザイナーの求人
  5. 新卒のグラフィックデザイナーの求人
  6. 未経験者可のグラフィックデザイナーの求人
  7. 残業が少ないグラフィックデザイナーの求人
  8. 高収入のグラフィックデザイナーの求人

年齢別のグラフィックデザイナーの転職例

  1. 20代のグラフィックデザイナーの転職例
  2. 30代のグラフィックデザイナーの転職例
  3. 40代のグラフィックデザイナーの転職例

グラフィックデザイナーに関するコラム

  1. グラフィックデザイナーの最終学歴
  2. グラフィックデザイナーのポートフォリオ作成方法
  3. グラフィックデザイナーの残業事情
  4. グラフィックデザイナーのキャリアアップについて
  5. グラフィックデザイナーの離職事情
  6. グラフィックデザイナーの1日の仕事の流れ
ページ上部へ移動する