パソコン教室の適性(向き・不向き)

業界:教育、学習塾・予備校

101views

imasia_13529382_M_R

 

パソコン教室に向いている人材

 パソコン教室に向いている人材として、幾つかのポイントがあります。

 

 まず第一に人とのコミュニケーションが好きであることです。パソコン教室では学校のような一斉授業ではなく、講師と個人が直接対話をして授業を進めて行くことが多いので、挨拶や笑顔、ちょっとした雑談一つにしても朗らかなコミュニケーションが求められます。

 

 次に必要なポイントは、新しいIT機器やサービスへの興味が高いことです。OSやアプリケーションソフト、SNSやクラウドサービスといった人間を取り巻くIT環境は日々進化していくので、常に新しい情報を収集しそれについて学ぶという姿勢が重要になって来ます。自分の知らない情報や技術は率先して学び、自分以外の人に分かり易く説明できる力が必要となって来ます。

 

  • コミュニケーション能力の高さとIT関係の知識への興味の高さは適性として重要。

 

パソコン教室に向いていない人材

 パソコン教室に最も向いていない人材は、人との交流が苦手な人です。交流が苦手であると授業ではテキストの内容のみを優先したり、質問が受けられないよう回避したり、笑顔や会話がない授業となってしまうからです。顧客はテキストを見ても分からないからパソコン教室に通うので、質問がし辛い出来ない雰囲気では通わなくなります。

 

 次に向いていない人材は、IT知識の補足または探求をしない人です。常にITについてレーダーを張り巡らしていれば、知識量と経験が豊富なので、顧客から頼れる厚い信頼のある講師になりますが、テキストの内容しか分からない、古い知識を変えようとしない、新しいITツールに興味がない人材であると顧客はパソコン教室に通う魅力が無くなってしまいます。当然ですが「不向きな人材」は「向いている人材」の逆の要素になります。

 

  • 人とのコミュニケーションが苦手な人やIT知識に探求心のない人はパソコン教室に向かない。

 

意識の変え方

 パソコン教室に転職する場合、100%自分がパソコン教室の講師に適していると自信がある人は少ないでしょう。それでもパソコン教室の職務に就きたい、チャレンジしてみたいと気持ちがあるなら「意識を変える」ということに挑戦してみましょう。

 

 例えば一例として、常に学んで行くという姿勢を意識する事を始めてみましょう。どんなに難易度の高いIT資格を持っていても日々進歩していくIT業界では機能の常識も直ぐに変わっていくので、職務に就いた後も学習を続けて行くように意識しましょう。

 

 またコミュニケーションや教えるという行為に躊躇する人の場合は、自分は学校教師の様な位置ではなく、顧客の手助けをしていると意識を持ちましょう。手助けであれば自然と人の為に頑張ろうという気持ちになります。高圧的な態度や意識がなくなれば困っている顧客と一緒に問題解決に進んで行けます。

 

  • 日常からの意識を変えることでパソコン教室に向いた人材に近づいていくことはある程度は可能になる。

 

本記事は2016/12/05の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する