パソコン教室の転職と自己PR

業界:教育、学習塾・予備校

86views

imasia_12354199_M

 

パソコン教室の種類を理解する

 パソコン教室は学習塾のように資格取得やスキルアップを最大の目標とした塾型と、パソコンを学びながら新しい自分を発見し新しい仲間と交流をつくる交流型の2つに分かれます。

 

 前者の塾型の場合、高校生や大学生、就職活動者や転職活動者が多いので短期で学習して成績をあげることをメインとします。塾型は、授業では講師という面が強く、どんな質問にも答えられるIT知識、人のレベルにそったカリキュラム作成などほぼ学習塾のような人材を欲していますので、成績アップに尽力できる事をアピールすべきです。

 

 後者の交流型の場合、顧客の大多数は主婦やシニア層であり、パソコンのスキルアップや資格合格といった成績をあげることよりも、今まで作れなかったものが作れる喜び、生活の中で生かせるパソコンスキルの学習、同じ年齢層の会員と話をしたりお茶が飲めるという、アットホームな授業ができる人材を求めています。

 

 転職先のパソコン教室がどんなカラーの教室なのかを、事前に把握しておきましょう。

 

  • パソコン教室は塾型と交流型があるのでそれを踏まえた上で自己PRを考える。

 

接客能力をアピールする

 パソコン教室のメイン業務である授業では、毎日教室内で何十人という会員と関わりながら授業を行います。通う会員は20~70代と年齢層が幅広く、どの年齢層の授業担当になるかも決まっていません。なのでコミュニケーション能力や接客能力が、業績アップの大きなキーポイントとなってきます。

 

 人と関わる職務経歴がある人は、接客マナーや接客用語が出来ているでしょうが、接客が苦手な方は、熱意を持って会員の力に役立ちたいという点をアピールする必要があります。

 

 例えアットホームなパソコン教室であっても、自分より上の年齢の会員と関わる場面も多く、砕けすぎた態度や口調ではクレームに繋がります。あくまで従業員と顧客である所を意識し、スムーズで丁寧な接客能力で応対できるとアピールすることが面接時に大切となってきます。

 

  • どんなパソコン教室でも面接時の自己PRに接客に関する項目は組み入れていく方がよい。

 

明るく快活な面をアピールする

 パソコン教室はコンピュータを操作して授業をするので、地味で事務的なイメージがあるかもしれません。しかし実際は業績をあげているパソコン教室は教室全体が明るく、講師が会員に対して平等に発言や質問交流を行い、人の間の風通しが良くなっています。

 

 講師の発言が少なかったり、威圧的な態度でいると会員は授業に楽しさを見いだせなくなり、退会や解約といった経営での業績ダウンに繋がるのです。なのでパソコン教室の殆どが求める人材は、パソコンスキルと同等以上に、明るく快活に人と交流できる人材です。面接時の発言が終始事務的であったり、声が小さかったり、スムーズにやり取りができない場合は不採用となる可能性が高まります。

 

 面接官は面接時に、表情や会話の仕方によってこの人材がどんな授業が行えるのか確認しています。面接時には明るく、はっきりと分かりやすい口調で快活なイメージが持たれるようにしましょう。

 

  • パソコン教室の適性として「明るさ」は重要なので自己PRの中でも明るさは伝えられるようにしよう。

 

本記事は2016/12/05の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する