パソコン教室の転職と資格

業界:教育、学習塾・予備校

73views

pixta_12654181_M

 

転職前の資格取得

 パソコン教室へ転職する場合、保持していると有効かつ優遇される資格があります。

 

 パソコン教室の大多数はMicrosoft社のOfficeソフトを使用しています。Microsoft社が公認しオデッセイコミュニケーションズが実施する「Microsoft Office Specialist」は、Word、Excel、PowerPoint、Access、OutlookといったOfficeソフトで一般的に使用されているソフトの見えないスキルを、客観的に評価したIT資格で、転職前の取得がお勧めです。

 

 例えばWordやExcelが使えると言っても、どの程度使えるのか判断が出来ません。そこで実務経験があったとしてもMicrosoft Office Specialistに合格して資格を保持しておくと、パソコン教室に相応しいスキル保持者と履歴書にも堂々と証明できるので有用なのです。

 

 さらに上を目指す場合は、Microsoft Office Expertを保持しておくと、面接時などにはかなりの上級者として認められるでしょう。

 

  • Microsoft Office Specialistはパソコン教室の転職に有利に働く。上位資格にMicrosoft Office Expertもある。

 

転職後の資格取得

 パソコン教室へ転職した後に、必要なIT資格を取得する道もあります。そもそもパソコン教室とはパソコン能力の向上目的と、同じく就職や転職希望者で資格取得をゴールとして通う人が多く、その授業を行う講師がIT資格を一切持っていないと不自然な状態となります。応募や採用の際にIT資格が必須でなくても、転職後に持っていないIT資格の勉強と受験を講師自らが行うのが一般的なのです。

 

 転職前に資格を持っていない場合でも、会員に授業を教えながら自分もテキストや実技にてITスキルを磨いて行きますので、無理なく資格の勉強が出来ます。あとは資格の参考書や過去問集を購入し、勤務時間外の家で繰り返し勉強を行っていけば資格取得に近づくことができます。

 

 勤務場所であるパソコン教室で該当のIT資格の受験が実施されているなら勤務場所で受験し、他で受験したいなら他の受験会場を探して受験することも可能です。採用後も資格取得を目指す姿勢が、社内で評価良しとされるポイントです。

 

  • 資格がないまま入社した場合も業務の中でITスキルの向上を図り資格を取得している事例は多い。

 

転職後に試験監督になれる資格

 パソコン教室の多くが、IT資格の受験校となっています。IT資格の受験校になると内部会員だけでなく、受験希望者で外部からの顧客が増え、会員以外の収入が増えるからです。

 

 会員以外では高校生、大学生、社会人、シニア層といった幅広い顧客を獲得出来るのでパソコン教室にとっては受験校になることは有利なのです。そこでパソコン教室の受験校として試験監督になれるIT資格の取得をおすすめします。

 

 ICTプロフィシエンシー検定協会が実施するICTプロフィシエンシー検定(通称P検)は、受験を行う際にPASS制度をクリアしたPASS認定校にP検公認試験官を配属する必要があります。P検公認試験官はP検4級以上が必須なので、P検4級以上を取得したものが、誰でもP検公認試験官になりやすいとうメリットがあります。転職先のパソコン教室が受験校であり、なおかつP検公認試験官になった場合は、資格手当が出される場合もあります。

 

  • ICTプロフィシエンシー検定を取得すれば試験監督になれるメリットがあるのでお勧め。

 

本記事は2016/12/02の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する