不動産デベロッパーの宅地建物取引主任者の求人

業界:不動産デベロッパー

36views

imasia_7389811_M

 

宅地建物取引士の資格保有を前提とする求人の実情

 不動産デベロッパーにおいて宅地建物取引士の資格保有者を採用する場合、実際に土地の売買や仲介業などを営ませる場合と、最低限の知識として保有していることを前提としている場合があります。

 

 前者の場合、資格の保有だけでなく、その資格を活かしてどのような業務を経験してきたかが重要となります。つまり、いくら資格を保有していても実績が皆無では、採用はかなり難しい展開となります。後者においては、他業界からの転職を考えている人などは特にですが、最低限の法律上の常識を持っているかどうか、当該資格を保有するに至るほどの自己啓発を促せているかどうかを測るために求人に盛り込んできていることがあります。

 

 いずれにせよ、資格保有が即採用ということにつながるケースは皆無に等しく、資格保有を前提として、個々の実績や経験、人柄等での勝負となります。

 

  • 宅地建物取引士を取得しているだけでは採用は難しい。経験や人柄を含めた総合的な判断となる。

 

宅地建物取引士としてデベロッパーに転職するには

 前述の通り、資格はあくまで前提であり、専門家として不動産デベロッパーで勤務するには相応の経験や実績が必要となります。特に、不動産デベロッパーが行う取引は比較的大規模かつ巨額の金銭が動くものが多いため、宅地建物取引士を保有しているからといって未経験者を放り込むことは、新卒でもない限りまずありません。

 

 そのため、もし不動産デベロッパーに転職し、宅地建物取引士として活躍したいと考えている場合は、ストレートにデベロッパーへ入社できることが最も理想的ではありますが、その希望がかなわなかった際は、土地の売買取引を主たる事業としている不動産会社へ入社後、経験や実績を積んでから再度チャレンジするのが良いです。

 

  • 不動産会社で経験を積んでから再度デベロッパーの転職にチャレンジするという手も。

 

転職サイトランキング【2021年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する