30代での製薬会社への転職

380views

imasia_2058337_M

 

30代の転職に関して採用側が思うこと

 30代で製薬会社に転職を希望した場合、応募先の製薬会社は20代での転職と比べて、一応5年間以上は社会人として働いているのですぐに辞めてしまうのではないかという心配はあまりしません。

 

 採用試験では、転職の志望動機について前向きのものを用意しましょう。前の会社での体制や業務や人間関係等を批判するような志望動機は好ましくありません。製薬会社は向上心を持っている人を歓迎しますので、例えば「貴社に転職することによってキャリアップできる、成長できる」など、採用試験の際には前向きの志望動機を説明しましょう。

 

 また、30代であれば前の会社である程度の仕事の実績も残していると思いますので、その点をうまくアピールしましょう。

 

職種別の製薬会社への転職(30代編)

  • 研究職で研究員としての転職は30代前半まで

 製薬会社の研究職で、35歳以降まで残ることができるのは研究員10人に1~2人で、その他の研究員は、工場、営業、本社の管理部門等の他の部署に転属になることが多いです。

 

 そして研究所に残った35歳以降の研究員は、主任研究員と呼ばれる管理職になり、実際の業務は、研究・実験から、部下の指導(部下の実験・研究計画へのアドバイスや研究報告書の作成方法の指導等)、管理(部下の人事評価、部下への仕事の割り振り等)になり、研究からやや離れた仕事になります。

 

 そのため、35歳以降で研究職として採用されるためには、部下への指導力に長けた能力が要求されますが、求人も少ないですし採用試験のハードルもとても高くなります。医薬業界で著名な成果をあげている、または有名大学の助教授など、採用試験に合格するためには、とても高い実績が要求されます。つまり研究職として製薬会社に転職できるのは30代前半までと考えておいたほうがよいです。

 

 また、研究補助職(研究職のアシスタント:研究員の指示に従い、実験等の操作を行う職務)としての転職の場合は、高い年齢まで求人がありますが、やはり年齢が上がるにつれて採用率は下がってきますので、この職種においてももし条件があえば30代のうちに転職を考えるのがよいです。

 

  • 営業職の転職は30代は有利

 営業職は30代でも転職は比較的容易です。20代と比較して営業のノウハウなどを持っているケースが多いので、採用も他の職種よりもハードルは低いです。ただ、他の記事でも記載したように、どこの製薬会社においても転勤が多いことや医師との対応、ノルマなどがあることは避けられません。

 

 また、営業職として前の会社で優れた実績をあげてきた人などは、若い部下への指導、教育、人事管理などのために管理職として採用される場合も珍しくありません。営業職では、30代の転職者は、他の年代と比較して経験もあり体力もあるので、一番採用されやすい年齢と言えます。

 

  • その他、事務職等での転職

 事務職も、営業職の転職の説明で述べた理由と同様で、30代は採用される可能性が高いです。ただ製薬会社の事務職の求人は少ないのでじっくり探す必要があります。工場での業務の採用については、30代でも、常に一定数の求人があります。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

ページ上部へ移動する