製薬会社での中途採用の現状

319views

imasia_9728983_M

 

中途採用の門戸が広くなった研究職、狭くなった事務職

 現状、製薬会社の研究職は以前と比較して、圧倒的に中途採用の門戸が広くなっています(理由は後述)。大手製薬会社の研究職において、大学の新卒者だと、採用のためには一般的に東大、京大等の旧帝国大学、早慶大、東工大の修士卒クラス以上の学歴が必要ですが、中途採用者においては、そのハードルが低くなっており、むしろいかに前の会社での実績がが採用の可否判断に際して重要になってきます。

 

 一方、製薬会社において、総務・人事・経理・ITグループなどの事務職の求人数は、少なくなってきています。もし、これらの部署で欠員が出た場合においても、派遣社員をやとったり、外注で他の会社に依頼したりと、事務職の業務に関しては正社員を採用せずに人件費をなるべく抑えたいというのが現在の製薬会社の姿勢です。

 

 ただ、製薬会社は、利益率の高い事業を行っていますので、同じ事務職でも、他の製造業(食品・化学品・金属・酒類・電機など)と比較して、同年代でも高い年収を得ることができる傾向がありますので、求人があった場合、とりあえず応募してみるのもよいでしょう。

 

 その他、営業職、工場での製造に関わる職種(工務部、製造部、生産管理部等)などの求人数は、以前と比較して変化はほとんどなく、常に一定数の求人があります。

 

  • 製薬会社の研究職は求人増加傾向、その他の事務職などは減少傾向にある。

 

研究職の中途採用者が採用されやすくなった理由

 上述の「製薬会社の研究職は求人増加傾向」という点について言及します。製薬会社の研究職の場合、大学の新卒の新入社員が、ある程度1人前になるのに、かなりの期間と教育のための費用や指導のための労力が必要です。そういう意味で中途採用である程度キャリアのある人材を採用したほうが効率的だという背景が大前提にあります。

 

 また大学での研究と企業での研究の種類が大きく違うというのも背景にあります。大学での研究は、基礎研究(例えば、化合物が体内で作用する際のメカニズムの解析等)がメインですが、製薬会社での研究は、利益にすぐに直結するような研究をメインに行っています。

 

 具体的には、メカニズムがすでに解明されている病気等に対して、有効な化合物をいかに早く見つけるか、というような研究内容がメインであり、基礎研究とは異なります。現在の製薬会社では、商品化するために、十年~数十年かかるような基礎研究は、縮小されたり、行われなくなったりしています。

 

 また大学の研究では、研究者が自由に研究ができるのに対して、製薬会社では、上司やチームでの連携を行い研究を行ってきます。もちろん、製品を早く上市させるため研究になってきますので、研究者の研究に対する自由度は、大学の研究と比較してとても小さいです。この点、大学の新卒者に、研究に対する意識を変えさせるためには、期間や労力(指導・教育等)がかかってくるのです。

 

  • 大学の新卒者と比較して、中途採用者は会社での研究の経験があり、即戦力として活躍できる可能性が高く、無駄な期間や労力がいらないので歓迎されやすい。

 

転職者が採用試験でアピールすべきポイント

 前述しましたように、転職者が採用されるためには、いかに前の会社で実績をあげたか、即戦力として、すぐに活躍できるかということを、アピールすることです。

 

 研究職での転職の場合は、例えば、学会発表での実績や特許出願数、特許登録数、研究報告書の数など、企業の研究の実務に直結する内容はアピールできる手法として有効です(ただし、前の会社との守秘義務がある内容については話したりしないように十分に注意をして下さい)。

 

 とにかく、製薬会社は競争力を高めるために即戦力となる転職者を求めています。この点をいかにうまくアピールできるかが、採用の合否に大きく関わってきます。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

ページ上部へ移動する