外資系人事コンサルの求人

15views

imasia_2663348_M

 

外資系人事コンサルの特徴

 外資系人事コンサルとは、厳密には親会社が海外企業の場合の呼び名ですが、実際には日本企業であっても、外資系人事コンサル会社の出身者が立ち上げた会社や、海外とのネットワークが強いコンサルティング会社の場合は、同じような特徴をもちます。

 

 外資系人事コンサルの場合、日系の場合と比較して、人間関係も比較的ドライで、例え入社したばかりであっても、一人一人がプロフェッショナルとして振る舞うことを求められる傾向があります。例えば、働く時間や働く場所の裁量は大きく認められる一方で、コミットした案件は何があっても実現する等は基本的なところです。

 

 また、外資系人事コンサルというと、外資系企業をクライアントとしてコンサルティングを行うイメージが強いですが、必ずしもそうではありません。今日であれば、海外に展開する日本企業向けに「グローバルスタンダード」な方法論を導入するケースも大幅に増えています。

 

 海外出張に関しては一概には言えません。なぜなら、外資系人事コンサルも多くの場合は在日企業向けのサービスに従事することが多いからです。他国には同様に各現地法人が存在し、その国でのサービスはその現地法人が行うケースが多いです。海外出張はあったとしても、日本企業の現地法人向けのサービス目的のことが多いです。

 

 サービス内容も、外資系人事コンサルだから、他の人事コンサルと大きく違うということはありません。ただし、外資系の場合はグローバルで共通の方法論や世界中のコンサルティング事例が蓄積されている場合が多いので、それがコンサルティングを行う際の大きな武器になります。

 

  • 外資系企業=海外出張が多いわけではなく、国内の在日企業向けのコンサル事例の方が多い。

 

求人の傾向と求められる要件

 外資系の人事コンサルは、多くの場合は少数精鋭なので、それほど大量な求人は出ません。ただ転職する方も常に一定数存在するため、その欠員補充のための求人であるケースが多いです。

 

 採用スタンスとして「もし、優秀な人材であれば計画になくても採用する。優秀でなければ人数が足りなくても採用しない」というポリシーを持つ会社も多いです。稀に、ホームページ上は求人がなかったが、直接面接をお願いしたら話があり採用された、というような話も外資系では珍しくない話です。

 

 外資系である以上、どうしても仕事の上で英語を使う機会が多くなります。なので、多くの場合ビジネスの現場で実際に使えるだけの英語力を持っているかに関する要求水準はとても高くなります。たとえ、TOEICのスコアが高くても、ビジネス経験がない場合は英語力に関してポジティブな評価はされません。

 

 具体的に求められる英語力のレベルとしては、単純な海外とのメールやり取り等ではなく、レポート作成、プレゼンテーション、ネゴシエーション等が可能なレベルが求められる会社も多いです。

 

  • 外資系企業である以上、ビジネス英語は必須。求人数自体は多くはないが相応のキャリアやスキルがあれば転職事例も多い。

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

ページ上部へ移動する