運送会社における昇進や将来を考える

業界:運送会社(陸運)

79views

imasia_11420134_M

 

<この記事のまとめ>

  • 役職の区分がないなど、同じ会社で長年勤務していてもドライバー職は昇進・キャリアパスを描きづらい事が多い。
  • ドライバー職にとって転職はキャリアアップのチャンス。もちろん、目先の条件ではなく将来を見据えた転職をすることが大切。

 

運送会社で長い間勤務すること

 一般的に1つの会社で長く勤務することは会社への貢献を続けている証とも言え、それは社会人として働くうえで評価されるべきことであると言えます。運送会社においても1つの会社で長く勤務することで、会社からの評価も高まり、それが昇給や昇進などにも繋がっていくことになります。

 

 しかし一方で、こうした将来やキャリアについて考えるきっかけが少ないのは運送会社で働くドライバーの傾向と課題であると言えます。

 

ドライバー職は昇進やキャリアパスを描きづらい

 ドライバー職においては役職の区分が少ないことがほとんどで、そう言った意味でも昇進などのキャリアアップが図りにくい環境にあることも多いです。もちろんドライバー職においても役職を設け、給与など待遇面がアップしていく運送会社もありますが、こうした環境の無い運送会社も多く、目指す先を見いだせていないドライバーも多くいます。

 

 昇進やキャリアアップなどについては長く働くうえで非常に重要なモチベーションとなるため、将来を考える意味でも自分は運送会社においてどうなりたいのかを明確にしておくことも大切な事だと言えます。

 

運送会社では転職はキャリアアップのきっかけに!

 転職はこうしたキャリアアップの1つのきっかけとなります。長く同じところで働くことはそれはそれで素晴らしいことでもありますが、一方で将来性の無い会社で働き続けてもより良い未来へ繋がらないのであれば、転職をすることで自分が働きやすく将来性の高い職場への転職を考えることも必要です。

 

 特に資格などを保有している場合、その資格をより活かせる職場へと転職する事で働きやすい職場を見つけるきっかけにもなりますし、評価が高まるきっかけとなることも少なくはありません。資格に関しては特に需要の高さによって評価が分かれる要素でもあるので、しっかりと評価してくれる職場へと転職することで、キャリアアップや給与アップにも繋がるケースが多いでしょう。

 

将来を見据えた転職活動を

 転職を考える際には、やはり将来を見据えた転職にすることが重要です。目先の条件だけしか見ていない転職だと、再び同じ理由で転職を行う事になってしまいます。特にドライバー職はこうした転職を繰り返す人が少なくないのですが、やはりそのような人たちの多くは目先の条件にばかり目がくらんで転職するケースが多いのが現状です。

 

 転職すること自体は決して悪いことではないとは言え、何度も転職を繰り返すことは自身のキャリアにとってマイナス材料となることもあるので、そうした面も考え将来を見据えた転職となるよう心掛けることが大切です。

本記事は2016/10/04の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する