運送会社はやっぱり過酷な職場?

業界:運送会社(陸運)

161views

imasia_6238294_M

 

<この記事のまとめ>

  • ドライバーの仕事が肉体的にも精神的にもハードであることから、運送会社は過酷な仕事のイメージを持たれがち。
  • また、中小の運送会社では営業職が急な事態にはドライバーをするなど、一人に様々な役割が求められることが多い。こういったことも過酷なイメージを持たれる理由の一つに。

 

過酷なイメージのある運送会社

 運送会社で働くことに対して「過酷」なイメージを持つ人は少なくありません。これは業界の外から見たイメージであり、業界内の人間からするとまた違ったイメージを持つ人もいるかもしれません。しかしながら運送業界で働く人の多くが、こうしたイメージに特に反論することなく、実際に過酷な仕事だと言う思いを抱きながら仕事を行っているのが現状だと言えます。

 

 こうしたイメージは、2つの側面が関係しています。1つにやはり運送会社の中心的職種でもあるドライバーと言う仕事が体を使った仕事であること、もう1つは運送業界自体が決して楽な業界ではないこと、こうしたことがそのイメージに繋がる大きな要因であると考えられます。

 

ドライバー職はやはり過酷なイメージが大きい

 運送会社の仕事が過酷なイメージであるのは、やはりドライバー職が大きく影響しています。ドライバーの仕事は、肉体的にも精神的にも過酷な仕事であると言えます。ただ運転をするだけでなく、業務内容によっては多くの荷物の積み下ろしを行う事が必要となります。こうした事から、やはりまず体力的な面での負担は大きくなります。

 

 また、ドライバー職は拘束時間も長く、朝の始業時間も早いことが多い点もこうしたイメージに繋がっています。また、運転に関しては安全面に最大限配慮することで精神的な負担も大きくなります。このように、ドライバー職は肉体的にも精神的もハードな仕事なのです。

 

中小運送会社では様々な役割が求められることも多い

 中小運送会社においては多くの役割を求められること多く、こうした点も過酷なイメージを大きくしているかもしれません。例えば内勤の業務や営業職などであっても、ドライバーに急に欠員が出たり、急な配送業務が発生した場合には、こうした業務に対応することを求められるケースも多くあります。

 

 大手運送会社などにおいては、十分な人材が確保できているのでこうしたケースは考えられませんが、中小運送会社では人材の確保が十分でないことも多いので、不測の事態に関しては現状の従業員で対応することが求められます。運送業はこうした急な事態が起こりやすい仕事でもあるため、様々な役割を求められることがあることも頭に入れておくことは大切です。

 

転職に際しては慎重な会社選びを

 運送会社への転職では、このような過酷なイメージがあることや、その背景などを知っておくことが大事です。入社してから後悔することが無いよう、しっかりと事前にこうした知識を付けておくことも大切です。特に他業種からの転職の場合、こうしたイメージがなければ就業して初めてイメージの違いに気が付くことは少なくありません。

 

 もちろんやりがいの大きな仕事であることには間違いはなく、運転が好きな人にとってドライバー職は天職となることも多いです。同時にこうした過酷な面があることも十分に知っておき、転職に際しては慎重な会社選びを行うことが大切です。

本記事は2016/10/04の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する