運送会社/夜間勤務の求人について

業界:運送会社(陸運)

29views

imasia_6238294_M

 

<この記事のまとめ>

  • 運送会社で夜間の求人が出ている職種は、ドライバー・運行管理者・倉庫勤務のお仕事、などになる。
  • 夜間勤務の仕事は、給与等の待遇面が良いというメリットがあるが、生活リズムが乱れるというデメリットもある。転職に際しては、その両面から考える必要がある。

 

運送会社で夜間勤務の可能性がある職種

 運送会社では夜間勤務となる職種もあります。もちろん営業や経理・事務職などは夜間勤務のケースは無いですが、運行管理者・ドライバー・倉庫勤務などの業務の場合、夜間勤務になることもあります。

 

 例えば、ドライバー職は夜間の勤務での配送業務は多くあります。夜間勤務でも、夕方から深夜にかけての配送などを行う場合と、深夜から早朝にかけての配送を行うなどがあります。こうしたドライバー職の業務に応じて、運行管理や支持を行う側の運行管理職も同様に夜間勤務となることがあります。

 

 倉庫管理の業務においても大きな物流センターになれば24時間業務を行っていることもあるため、同様に夜間勤務の仕事となることもあります。

 

夜間勤務の求人の特徴は?

 夜間勤務の求人の特徴は、やはり「給与面の高さ」そして「時間帯面での不規則さ」が上げられます。給与が高い傾向にあることはメリットですが、やはり不規則な時間帯の勤務はデメリットになることも多く、そのあたりを考慮した求人検索が必要です。

 

 夜間勤務の求人は、比較的見つけやすい求人が多いです。やはり、需要の割には供給が追い付いていないことが多い求人だと言えますので、こうした夜間勤務の業務を行っている多くの運送会社では積極的に採用活動を行っています。また、一度採用をしてもその後の定着率は高くない傾向にあるので、そうした面も採用過程においては重視されます。

 

給与面はやはり夜間勤務のメリット

 夜間勤務のメリットは、やはり条件面にあると言えます。日中の勤務に比べると給与も高い傾向にありますので、少しでも多くのお給料を稼ぎたいと考える人の場合、こうした夜間勤務の求人を希望する事があります。

 

 運送業界自体の運賃は下がっている傾向にあり、そうしたなか給与アップも中々望むことができません。そうなるとやはり職種を変えたりするしか他なく、日中勤務のドライバーが夜間勤務の仕事へと転職するケースもあります。

 

 時間的な面で不規則な勤務ゆえにハードな一面がありますが、こうした給与の面のメリットは転職においても1つの魅力であることは間違いありません。

 

不規則な生活になるデメリット

 夜間勤務となると生活リズムが不規則なるため、これはデメリットだと言えます。夜間勤務でも夕方から深夜にかけての勤務などであれば、まだ多少時間が遅くなる程度の認識でも済むかもしれませんが、完全に深夜を中心として早朝へかけての配送業務などの場合は、恐らく昼夜逆転の生活を送る事になります。

 

 家族と一緒に生活をしている場合には、やはりそうした面での理解や協力を得ることも必要となります。夜間勤務の求人への転職を考える際にはこうしたデメリットもあることをしっかりと理解しておく必要があります。

本記事は2016/09/30の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する