【運送会社】ドライバーの求人事情(中長距離・セールス・ルート配送)

業界:運送会社(陸運)

31views

 

運送会社におけるドライバーの求人事情

 

運送会社の中心であるドライバー

 運送会社におけるドライバーはその中心ともいえる職種であり、会社の中でも多くの割合を占めるのがこのドライバー職になります。大手運送会社ともなりますと非常に多くのドライバーが在籍しており、様々な業務に就きながらドライバーの仕事をこなしています。

 

 運送会社への転職となるとやはりこのドライバー職を希望しての転職となることが多いと思いますが、同様に運送会社における求人募集の際にも中心となるのがドライバーの募集です。特に慢性的な人材不足に悩む職種でもありますので、例えば経験豊富なドライバーや、資格を持っているスキルの高いドライバーなどはある意味で引く手あまたの状態でもあります。

 

ドライバーの求人は多くでている!

 人材不足に悩むドライバー職の求人数は非常に多いと言えます。年間通じて常時募集をかけている運送会社なども少なくはなく、常に募集し採用活動を行っています。業界や職種によっては門戸の狭い仕事もある中で、数多くの求人募集が行われているドライバー職への転職は比較的容易であるとも言えます。

 

 ただ中には特殊な技量や特殊な職種などに関しての募集などもありますので、そのあたりに気を付けながら求人を探すことも必要ですが、未経験からでも募集している運送会社などもありますので、自分の希望やスキルにあった求人を探すことが重要になります。

 

条件面では開きも見られるので注意が必要

 求人の数自体は多いとしても、やはり条件的な面では大きな開きが見られたりするのも特徴です。特に中小運送会社ではやはり厳しい条件下での募集も多く見られます。ドライバーの求人を見る際には単純に額面や勤務時間だけで判断せずにトータル的な判断を下すことが重要になります。

 

 額面上は多く見えても、労働時間や拘束時間などを考慮するとさほど良い条件でもなくなりますし、条件的に良い求人でもあまりに過酷な勤務だったりするのも考えものです。

 

各社の条件をしっかりと比較することが大切

 大事なのは各条件面をしっかりと比較することです。例えば勤務時間が短く給与も高い求人などがあったとしたら、夜勤の配送業務だったり、早朝からの勤務だったりといった特徴が見られるのがドライバーの求人です。

 

 こうした条件をしっかりと見比べて、より良い条件を見つけるのもそうですが、自分に合った求人を見極める努力をすることも非常に重要です。

 

  • 運送会社の中心であるドライバー職は、多くの会社において慢性的な人手不足になっている。そのため求人も多く出回っている。
  • ドライバー職と言っても、雇用条件は各社大きく異る。特に中小運送会社では厳しい条件のところも多い。また、額面だけではなく拘束時間等についてもしっかりと比較することが大切。

 

長距離・中距離ドライバーの求人事情

 

ハードな仕事である中・長距離ドライバーの仕事

 日をまたいだり、何日もかけて遠方への配達業務を行うのが、中・長距離のドライバーの仕事です。中距離の配送業務などの場合にはその日のうちに業務が終わることも多くありますが、長距離の配送業務は日をまたいでの運行となることが一般的です。

 

 そのため、配送を終え帰社するまでには数日を要するケースもあり、ドライバーの仕事の中ではハードな仕事の1つであるとも言えます。それ故に、中・長距離ドライバーの給与はいわゆる地場の近距離の配送の仕事よりも高い傾向にあり、それを大きな魅力としてこれらの職種へと転職を目指すケースも多いです。

 

中・長距離ドライバーの需要は非常に高い

 運送会社におけいて、中・長距離ドライバーの求人需要は高いです。給与の面では地場を走るドライバーよりも高い傾向にあるとは言え、やはりハードな職種だと言えますので、基本的には慢性的に不足しがちな職種であるとも言えます。

 

 特に、ある程度固定の取引先の場合は長距離運行とはいえ行先も決まってきますが、スポットでの長距離運行業務を請け負う会社などにおいては、業務ごとに行先や荷物などが変わってくるので、特にドライバー不足となりがちです。

 

 こうしたことから、中・長距離ドライバーの需要は高く、中でも長期的な勤務が可能なドライバーの確保は、長距離での配達業務を請け負う運送会社にとっては大きな課題となります。

 

求人を出している会社はそこまで多くない

 長距離ドライバーの求人の需要が高いことに関してはすでにご説明しましたが、長距離での配送業務は元々業務として請け負っている運送会社とそうでない運送会社がありますので、一般的なドライバーの求人数に比べると少ないのが現状です。

 

 また、こうした配送業務の運賃は年々下がっている傾向にあり、出来るだけ効率的な運行を行うことが求められるようになっています。運送業界でもシステム化・効率化が進み、各配送センターを経由する効率的な運行が可能になり、昔のように一台の車両で長い距離を走るケース自体も減っているという側面もあります。

 

求人を探す際にはしっかりと業務内容や条件面の確認を

 長距離のドライバーに限りませんが、転職において条件面などは非常に重要です。長距離ドライバーの場合は特に、給与の面などに重きをおいての転職となることが多いので、よりこうした条件的な部分においての確認を怠らないようにしたいものです。

 

 特に運賃の悪化から、長距離ドライバーの待遇面も昔と比べると下がっている傾向もあります。ハードな職務であるからこそ、しっかりと働いた分の評価を貰える環境で働くことが大切です。転職を目指す際にはこうした点に気をつけて、自分の希望に合った良い求人を探してみてください。

 

  • 日をまたいでの勤務になることも多いなど、仕事内容がハードな「中・長距離ドライバー」。その分、給与は一般的なドライバーよりも高いことが多い。
  • 長距離の配送を行っている会社はそこまで多くないので求人の絶対数は多くないが、長距離配送に対応している会社においては非常に求人需要が高い職種。

 

セールスドライバーの求人事情

 

営業も行うドライバー「セールスドライバー」

 セールスドライバーとは、営業職も兼ねた配送業務を行う仕事のことを言います。通常は配送のドライバーは商品の配送業務だけ、営業職は配送などの業務は行わずに営業の仕事だけ、とそれぞれの仕事が分担されています。

 

 しかし運送会社によっては直接の取引先へ、商品などの配送と営業活動を行っていることも多く、このような場合にセールスドライバーとして営業職を兼ねた配送ドライバー職を用意しています。

 

セールスドライバーの求人について

 ルート配送などを行っている会社では、セールスドライバー職の求人を多く見受けられます。ただし、セールスドライバーとしてではなく、「ルート配送業務として営業も兼ねる」、反対に「営業職として配送業務も兼ねる」、こうした募集の仕方などをしていることが多いです。セールスドライバーの求人を探す際には、こうしたポイントに気を付けながら探してみることも大切です。

 

 セールスドライバーはその名の通り、セールスとドライバー業務とその両方を求められる職でもあり、固定給に成果に応じた歩合給などがつく給与体系などの場合もあります。会社側としてはただ配達だけを行うだけでなく、そこから注文をとってくることを望むからこそのセールスドライバーになりますので、ただ配達だけしか出来ないドライバーを望んでいるわけではありません。

 

セールスドライバーに求められるスキル

 セールスドライバーにはドライバーとしてのスキルはもちろん、営業職としてのスキルも求められます。ドライバーとしてのベースのスキルがあることを前提に、営業職としてのスキルから売り上げへの貢献を求められることになります。ただこうしたセールスドライバーの多くはルート配送であることが多く、営業職でいうところのルート営業のような仕事でもあります。

 

 営業スキルが必要だといっても、新規開拓などの高度なスキルが必要となるわけではありません。一般的なコミュニケーションスキルがあれば、可能な職種でもあります。ただ配達を行うだけでなく、コミュニケーションをとりながら得意先との信頼関係を築いていくような仕事に興味がある方であればやりがいの大きな仕事となるはずです。

 

やりたいことを明確にすることが大切

 セールスドライバーの求人募集を探すうえで明確にしておきたいのは、具体的に何がやりたいのかということです。セールスドライバーには、営業としての顔とドライバーとしての顔、2つの側面での役割を求められます。

 

 しかしながら会社によって求められる役割の比重は変わってきますので、例えばドライバーの仕事がしたいのに、営業に比重を置いたセールスドライバーの仕事では理想とは違ってくるかもしれません。反対に営業職を希望してセールスドライバーの求人を探す際には、営業に比重を置いたセールスドライバー職を探さなければ、ただ配達がメインで営業はおまけ程度の仕事であったりと、希望と現実の大きな開きを経験することになってしまいます。

 

 ある意味で線引きの曖昧な職種だともいえるので、求人を探す際にはこうしたところもしっかりと確認することが重要になります。

 

  • 営業と配送を同時に行う職種であるセールスドラーバー。基本給+歩合給となっているケースも多い。ルート配送を行っている運送会社では求人も多く出ている。
  • 飛び込みのような新規開拓営業は基本的には不要。ルート配送先と日々コミュニケーションを取りながら、信頼を得ていくことが期待されている。
  • 配送と営業のどちらに力をいれるのかは会社によって変わる。転職前に具体的な仕事内容(配送と営業の比率など)を確認することが大切。

 

ルート営業・ルート配送の求人事情

 

ルート営業の仕事について

 ルート営業の仕事は、決まった得意先をメインに仕事の受注や交渉などを行う営業職になります。飛び込み営業などと違って、新規開拓をメインにするわけではないので、決まった得意先との信頼関係を築きながら、仕事の受注や契約の継続を円滑にする業務を行います。

 

 運送業界は比較的長い付き合いで仕事をやりとりすることが多く、古くから付き合いのある得意先などを営業先としてルート営業を行うケースが多いです。

 

ルート配送の仕事について

 ルート配送は、決まった得意先に商品を配達・納品する業務になります。配達先が決まっているので一度ルートを覚えてしまうと、決まった得意先だけを回りますので、日によって違う配達を行うスポット配送などに比べると業務的負担も少ないかもしれません。

 

 配送1つをとっても、配達先によって商品の納品の仕方や、置いておく場所など、その配送先の会社によって様々です。このような会社ごとの違いが、ルート配送では覚えてしまうと二度目からが楽になりますので、スポット配送のように先々で確認する必要などはありません。

 

求人自体は比較的豊富にある!

 ルート配送やルート営業の求人は比較的多くあります。これにはやはり元々ルートでの営業や配送などを行う仕事自体が多いと言う背景があります。求人は多い職種だと言えますので、しっかりと条件や業務内容などを確認して応募するようにしてください。

 

 そしてこうした職種は長期的に勤務しやすい仕事でもあります。配送先や営業先にとっても担当者は長く同じ人が勤めてほしいと考えています。人がコロコロと変わってしまうとその都度説明や教育などが必要となるので、あまりいい顔をされません。そういった意味でもこうした職種は会社側にとってもある程度長期的に働いてくれる人材を好み、選考の際にもそうした観点でみられることを頭に入れておくといいかもしれません。

 

運送会社において人気の高いルート営業・配送

 ルート営業・ルート配送、これらの求人は人気の高い求人だと言えます。同じ配送の仕事や営業の仕事と比べても、ルートが決まっているという点は大きな魅力となります。配送の仕事であれば、日々違う得意先に配送するよりも固定のルートで配送するほうが精神的・肉体的にも楽な業務となります。営業職においても同じで、ルート営業で同じ得意先を回る方が楽だと言えます。

 

 こうした理由からルート配送やルート営業の求人は人気の高い求人だと言えます。業務内容や条件などをしっかりと確認しながらも人気の高い求人が多いことを頭に入れて転職活動することが重要と言えるかもしれません。

 

  • 運送会社における「ルート営業」「ルート配送」の仕事は人気の職種になっており、求人数自体も多いのが特徴。
  • 配送先や営業先の事を考えると頻繁に担当者が変わるのは好ましくないので、長期間で働くことが会社側からは期待されていることが多い。

本記事は2016/09/28の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

運送会社(陸運)に関連する転職者の声

  1. 秋田から大阪へ。異業種への転職で給与は2倍に!
ページ上部へ移動する