運送会社/ドライバーの求人事情

業界:運送会社(陸運)

130views

imasia_1117942_M

 

<この記事のまとめ>

  • 運送会社の中心であるドライバー職は、多くの会社において慢性的な人手不足になっている。そのため求人も多く出回っている。
  • ドライバー職と言っても、雇用条件は各社大きく異る。特に中小運送会社では厳しい条件のところも多い。また、額面だけではなく拘束時間等についてもしっかりと比較することが大切。

 

運送会社の中心であるドライバー

 運送会社におけるドライバーはその中心ともいえる職種であり、会社の中でも多くの割合を占めるのがこのドライバー職になります。大手運送会社ともなりますと非常に多くのドライバーが在籍しており、様々な業務に就きながらドライバーの仕事をこなしています。

 

 運送会社への転職となるとやはりこのドライバー職を希望しての転職となることが多いと思いますが、同様に運送会社における求人募集の際にも中心となるのがドライバーの募集です。特に慢性的な人材不足に悩む職種でもありますので、例えば経験豊富なドライバーや、資格を持っているスキルの高いドライバーなどはある意味で引く手あまたの状態でもあります。

 

ドライバーの求人は多くでている!

 人材不足に悩むドライバー職の求人数は非常に多いと言えます。年間通じて常時募集をかけている運送会社なども少なくはなく、常に募集し採用活動を行っています。業界や職種によっては門戸の狭い仕事もある中で、数多くの求人募集が行われているドライバー職への転職は比較的容易であるとも言えます。

 

 ただ中には特殊な技量や特殊な職種などに関しての募集などもありますので、そのあたりに気を付けながら求人を探すことも必要ですが、未経験からでも募集している運送会社などもありますので、自分の希望やスキルにあった求人を探すことが重要になります。

 

条件面では開きも見られるので注意が必要

 求人の数自体は多いとしても、やはり条件的な面では大きな開きが見られたりするのも特徴です。特に中小運送会社ではやはり厳しい条件下での募集も多く見られます。ドライバーの求人を見る際には単純に額面や勤務時間だけで判断せずにトータル的な判断を下すことが重要になります。

 

 額面上は多く見えても、労働時間や拘束時間などを考慮するとさほど良い条件でもなくなりますし、条件的に良い求人でもあまりに過酷な勤務だったりするのも考えものです。

 

各社の条件をしっかりと比較することが大切

 大事なのは各条件面をしっかりと比較することです。例えば勤務時間が短く給与も高い求人などがあったとしたら、夜勤の配送業務だったり、早朝からの勤務だったりといった特徴が見られるのがドライバーの求人です。

 

 こうした条件をしっかりと見比べて、より良い条件を見つけるのもそうですが、自分に合った求人を見極める努力をすることも非常に重要です。

本記事は2016/09/28の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する