運送会社への転職に適した年齢

業界:運送会社(陸運)

246views

imasia_9091168_M

 運送会社への転職を希望する際に気になるのが、年齢の問題です。「自分の今の年齢ではすでに遅いのではないか」「適した年齢を越えてしまっているのではないだろうか」などと気になることも多いはずです。

 

 特に運送会社の転職に関しては、営業職や事務所などを除き、その多くはドライバーとして勤務することになります。ドライバーはその職種がら転職においても年齢が関係してくるのではと考えがちなのも無理はありません。体力的な面においてもそうですし、未経験での転職を目指す場合においてもこれから経験を積むことを考えるとやはり年齢はある程度若い方が良いのではと考えるのも仕方ありません。

 

 ここでは、職種別に年齢条件などについて確認していきましょう。

 

職種によっては大きな影響が出る場合も

 ドライバー職での転職を目指すにあたって、未経験から目指すのであれば年齢は大きく影響する要素となりかねません。重量物を運ぶ仕事や距離を走る仕事など体力的にハードな業務においては、どうしても体力的な消耗も激しく未経験では務まらない仕事も多くあります。

 

 そういった面を考えますと、まず未経験からの転職であればあまり年齢が高くない方が転職においても有利であり、スムーズに転職できるでしょう。また、同業界内での転職であっても、先ほどの例のように重量物などの運搬の仕事などの場合においては、経験者であっても高齢な人の場合には適していないと判断されることもあり、転職活動において影響が出ることもあります。

 

 一方、営業職や事務職などにおいては年齢による影響はあまり大きくないと言えます。他業界などの経験を活かすことが出来る職務なのであれば、逆に豊富な経験があった方が優遇されるケースもあります。

 

  • ドライバー職は体力勝負の面もあるので、未経験の場合は若いほうが有利。また経験者であっても、重量物の運搬など、業務内容によっては年齢制限がある場合も多い。
  • 営業職や事務職であれば経験が優遇されるので、ドライバーほど年齢を問われないことが多い。

 

年齢が武器になることもある?!

 ここまでは年齢の高さはマイナス要因になることが多いとお話してきましたが、もちろん逆のケースも考えられます。運送業においては、豊富な経験は非常に大きな武器となります。経験者と未経験者との差が如実に表れるのが運送と言う仕事の特徴でもあるので、例え年齢が高くてもそれが豊富な経験の裏返しなのであれば、それが転職活動における高い評価へと繋がる事は多くあります。

 

 もちろんこの場合「経験=スキルの高さ」と評価されますので、ただ業界での経験が長いだけではダメですが、長きに渡って業界内で活躍されてきたその経験は多くの場合高いスキルへと繋がっており、スキルの高いドライバーは少々年齢が高くても重宝されるケースもいいです。

 

 転職に適した年齢と聞くと、若い方が有利だと考えがちですが、豊富な経験が物を言う職務内容である場合には逆に年齢の高さが物語る経験の豊富さが武器となります。ただ年齢だけを考えるのではなく、転職後の仕事内容に関しても合わせて考えることが重要となります。

 

  • 一般的に若い方が転職に有利ではあるが、経験やスキルを持ったドライバーであれば転職活動でもプラスに働く。
  • 転職後の仕事内容と自分の年齢にミスマッチが起きないようにする事が大切。

本記事は2016/09/27の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する