英会話教室の日本人講師の求人

業界:教育、学習塾・予備校

144views

imasia_11291160_M

 

日本人講師は外国人インストラクターと生徒の橋渡しをする(成人向けスクール)

 成人向け英会話スクールのインストラクター(講師)は、英語を母国語としているネイティブと呼ばれる外国人が勤めている場合が多くなっています。なぜなら入学してくる生徒も、どちらかと言えば外国人講師を望んでいる場合が多いからです。「本場で通じる外国語を学ぶにはネイティブのほうが良い」と多くの生徒が考えており、名のある英会話教室の多くが外国人インストラクターを前面に出して指導に当たっています。

 

 とは言え、成人向けの英会話スクールにも日本人講師がいることもあります。それは、外国人講師のアシスタントを勤める講師です。英会話教室には、生徒のレベルに合わせてクラス編成がなされている場合があります。例えば、上級・中級・初級というケースです。この場合、上級は別にして、中級や初級の生徒の場合だと英語力の関係で外国人講師とのコミュニケーションに円滑に進まない場合も少なくありません。そうしたときに生徒との橋渡しをするのが日本人のアシスタント講師の役目になるのです。

 

 したがって、成人を対象にした英会話スクールでの日本人講師の求人はこうした役目での募集となっていることが多いです。

 

  • 成人向けの英会話スクールでは、生徒が望んでいることもあってネイティブの外国人が講師をつとめることがほとんど。
  • まれに、生徒とネイティブ講師のコミュニケーションの橋渡し役である「アシスタント講師」として日本人を募集していることもある。

 

児童英語教室では圧倒的に日本人講師の求人が多い

 上で述べたように成人向け英会話教室で日本人講師が果たす役割は、外国人講師と生徒の橋渡しです。しかし、これが児童英語教室の場合は事情が逆転します。つまり、メインが日本人講師で外国人講師はアシスタントを勤めることが多くなります。

 

 これはなぜかと言いますと、児童英語教室に通うのは子どもたちだからなのです。同じ英語を学びにやってくるとはいえ、子どもの場合は大人と違ってはっきりとした動機を持っているとは言えません。つまり、大人のようにニーズを元にした目的意識を持って英語を学ぼうとしているのではないのです。たいていの場合は、「親に勧められたから」とか「友達がやっているから」などの理由が始めるきっかけになっています。

 

 それに、子どもには物事に飽きやすいという特性があります。そして動機が弱ければなおさら早くあきるのです。こうした理由から、いったん英語教室に通い始めても、途中で止める可能性が非常に高いのです。それ故に、「子どもを飽きさせないようにすること」が講師の大切な仕事になってくるのです。

 

 飽きさせないためにはどうしたら良いかと言えば、それは生徒を英語レッスンに引きつけることです。この場合、日本語があまりできない外国人には難易度が高いでしょう。生徒のほうも最初は珍しがって、好奇心を持って接していた外国人講師ですが、日本語ができないために、コミュニケーション不足が生じてきて、その結果次第に飽きてくるからです。これではせっかくの英語レッスンも効果を挙げることはできません。

 

 こうした理由で児童英語教室の場合は、日本語のよく分かる日本人講師がメインになって外国人講師はアシスタントを勤めることが多くなっているのです。

 

  • 成人向けとは違い、子供向けの英会話スクールでは日本人インストラクターの求人需要が高い。
  • 子供向けのスクールでは上手にコミュニケーションを取りながら、飽きさせずに授業にひきつけることが大切になってくる。

 

英検・TOEIC・TOEFLなど受験目的のクラスでは日本人講師の方が求人が多い

 成人向けの英会話教室では外国人講師が一般的だと上で述べましたが、クラスの性格によっては例外もあります。それは英検、TOEIC・TOEFLなどの検定受験を目的にしたクラスの場合です。

 

 この場合の指導目的は検定受験になりますから、必ずしも会話力ばかりが優先されることはありません。つまり、検定に対する読み書きを含めた英語の総合力をつけることが必要になります。そのため受験技術なども含めて丁寧な説明を加えながら指導することが必要になりますが、それには説明が十分できる日本人講師の方が向いている、と考えられるからです。なぜなら外国人講師だと細かな点で説明に難があると考えられるからです。したがって、こういった分野のクラスでは日本人講師の求人もよく見られます。

 

  • TOEICなどの資格取得用の英会話クラスでは、日本人インストラクターの求人募集が多い。
  • 英語力・会話力だけではなく、受験技術も含めた丁寧な対応が求められる。

 

<英会話教室での日本人講師の求人まとめ>

 

①、成人向け英会話教室での外国人講師のアシスタント

②、児童英語教室の講師

③、英検、TOEIC、TOEFLなどの受験担当の講師

 

本記事は2016/09/15の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する