英会話教室への転職で失敗しないために

業界:教育、学習塾・予備校

119views

imasia_13595881_M_R

 

英会話スクールへの転職で最も大切なのは教室の見極め方!

 英会話教室に限りませんが、せっかく転職しても、諸々の条件が自分に合わず短期間で退職を余儀なくされることは世間ではよくあることです。これがいわゆる、「転職の失敗」と言われるケースです。こうしたことが起るのは、転職前の準備行動に何らかの問題があったことが多いです。したがって、こうした失敗を無くすには転職前の準備行動には最善の注意を払うことが必要です。

 

 それでは英会話教室への転職で失敗しないためには、どのような注意が必要なのでしょうか。ここではそのチェックポイントを見ていくことにしましょう。チェックポイントを上げる前に、まずやるべきは「英会話教室としての質を見極める」ことです。英会話教室という業界はこれまで幾度ともなく変転を繰り返してきており、それだけに歴史のある古いところは少なく、新しいところが絶えず参入している業界です。そのため、名前を聞いただけでその教室の質まで推し量ることができない場合がしばしばあります。

 

 世の中には良い会社ばかりがあるわけでなく、いわゆるブラックと呼ばれる企業も無きにしも非ずです。したがって、英会話教室でも転職先の質を見極めることが極めて大切です。それを見抜くのは応募者自身の洞察力や判断力にかかってきます。とは言えこれは簡単にできることではありません。でもそれほど難しく考えることもありません。物事を見抜くための常識的な基準に従えばいいのです。常識的な基準については、次に説明していきます。

 

  • 転職をする前には準備行動として、転職候補の英会話教室の質を見極めることが最も大切。

 

英会話教室の質を見極める6つのチェックポイント

 

<①、面接官の人柄は良いか>

 職場の第一印象がこれによって決まります。それ故に極めて大事なチェックポイントです。

 

<②、仕事の内容を詳しく教えてくれたか>

 英会話教室の業務は多岐に及んでいます。したがって応募した職種について詳しく丁寧に説明してくれるところでなければいけません。

 

<③、勤務時間について確認>

 英会話教室は夜間まで営業するのが普通です。そのため、シフトなどによる勤務時間を正確に伝えてくれなければ後々問題が起ります。

 

<④、生徒勧誘のノルマの有無>

  英会話教室は生徒獲得に生き残りがかかっています。そのため社員にも生徒獲得のノルマを課すところもあります。それが後々の仕事の支障になることもあり得ますから、これについてもはっきりと質しておく必要があります。

 

<⑤、教室の料金体系について>

  英会話教室の費用は安くはありません。とは言え何にでも「適正価格」というものがあります。したがって、その範囲であるかどうかを確認して、応募者自らが納得しておくことが必要です。もし「高すぎる」と思っているとそれが不満に繋がり、いずれは仕事の継続に支障をきたしてくるからです。

 

<⑥、給料について>

  英会話教室は外国人講師を除いては、それほど給料は高くありません。でもボーナスや昇給などのことを聞いた上で自分なりに納得しておかなければなりません。

本記事は2016/09/15の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する