英会話教室への転職に適した年齢

業界:教育、学習塾・予備校

105views

imasia_2058337_M

 

インストラクター(講師)の仕事は体力勝負の面もある

 英会話教室への転職の適した年齢を考えるには、まず英会話教室の職種について考えてみる必要があります。まず、生徒を指導するインストラクター(講師)を例にとってみましょう。

 

 一部のマンツ-マンでレッスンを行っているようなところを除いて、一般的な英会話教室のインストラクターは生徒グループの前に立って授業を行います。ただ立っているだけでなく、生徒を引きつけなければいけませんから、抑揚をつけたり、身振り手振りを入れたりしながら、声を張り上げてレッスンを展開していきます。しかもレッスンの時間帯は昼より夜のほうが多いのです。これは、比較的重労働と言えるのではないでしょうか。このように、英会話インストラクターの仕事は体力勝負という面もあるのです。

 

 つまり、英会話教室のインストラクターの仕事は単に英語を教える力だけあれば良いのではなく、それと同じように体力も必要になるのです。したがって、この体力がある年齢でなければ勤まりません。こう考えると英会話教室への転職は、インストラクターに限っては40歳ぐらいまでが適していると言えるのではないでしょうか。

 

  • 英語教室のインストラクター(講師)の仕事は体力勝負となってくる部分も多い。
  • インストラクターとしてであれば40歳くらいまでに転職をするのがベター。

 

英会話教室では中高年層に適した求人もある

 体力勝負の面もある英会話教室のインストラクターですから、転職には体力がじゅうぶん残っている年代までが適していると上で述べました。ではこれ以上の人は英会話教室の求人には適合しないのでしょうか。いいえ、決してそんなことはありません。職種によっては中高年でも十分に通用する仕事があります。いや、十分通用すると言うより、中高年のほうがむしろ適していると言ったほうが良いかもしれません。

 

 その第一の職種は、マネージャーです。英会話教室のマネージャーは教室の責任者です。もちろん名前だけの責任者ではなく仕事を統括する責任者です。つまりスタッフを管理し、マーケティングやセールスを取り仕切り、収入や支出の管理などする教室運営の責任者なのです。したがって英会話教室のすべての業務を熟知した人でなければ勤まりません。ということは経験豊富な中高年者ほど、この仕事に適していると言えるのです。

 

 もう一つの職種は、フランチャイズ英会話教室のフランチャイジーとしてのオーナーです。英会話教室にはフランチャイズシステムを採りいれている企業は沢山あります。そうしたところでは常時傘下のオーナーを募集しています。それに応募して教室の経営権を手に入れるのです。 もちろんフランチャイズになるには権利金が要ります。それに開設準備金を入れると1,000万円ぐらいはかかるかもしれません。これだと若い人には難しいでしょう。だからこそ、この職務には経験と資金のある中高年齢層が向いていると言えるのです。

 

  • 英会話教室の責任者である「マネージャー」や「フランチャイズのオーナー」などは、中高年の方でも重宝される。
  • いずれにしても、英会話教室業界での豊富な経験が必要とされる。

本記事は2016/09/15の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する