英会話教室の年収相場

業界:教育、学習塾・予備校

798views

imasia_15099723_M

 

英会話インストラクターの年収は幅広い

 英会話スクールの年収はなかなか掴みにくいのが現状です。と言うのも、メイン職種であるインストラクターは非常勤社員である場合がほとんどで、時間給で報酬が決まることが多いからです。また、その時間給も1500円~6000円というふうに非常に幅が広いのが特徴です。

 

 この時間給の幅を具体的に言いますと、最も低いのは児童英語インストラクターの時給1500円~2500円、次が成人向け英語教師の2500円~4000円、最も高いのが企業などに派遣されるインストラクターの4000円~6000円ではないでしょうか。これ位の時給ですと、他の業種の時間給に比べても、それほど低いとも言えませんが問題は就労時間です。

 

 職務柄ほとんどの場合が勤務時間は3時間~4時間程度だということを考えれば、この仕事で得る報酬は一部のトップ層を除くとたいていの場合は、一般の仕事でフルタイムで働く人の半分程度にしかなりません。しかし経験を積んで自分で教室を経営する道を選べば、年収1000万円以上も夢ではありません。

 

  • 英語教室のインストラクター(講師)は非常勤勤務&時間給のケースが多い。職場によって、時給も1500円~6000円くらいと幅広い。
  • 勤務時間がだいたい3~4時間程度というのがネック。

 

インストラクター(講師)以外の職種の年収は?

 大手の英会話スクールでは、インストラクターの他にもいろいろな職種があります。具体的には、マネージャー・カウンセラー・受付事務などです。一般的にはインストラクターは非常勤社員であることが多く授業時間に合わせて出勤しますが、その他のスタッフは常勤でフルタイムの仕事になるのが普通です。

 

 フルタイムと言っても営業時間が夜遅くなる職種ですから、出勤も昼頃からというパターンが多くなります。つまり平日は12:00~21:30ぐらい、土日は11:00~19:00ぐらいが勤務時間帯になります。したがって夜間も勤務時間に入りますから、その分他業種より給料が高くてもいいはずなのですが実態は必ずしもそうとも言えません。

 

 ではこうしたスタッフの年収はどうなのでしょうか。この業界でインストラクター以外で年収が一番高いのはマネージャーです。教室経営の責任者ですから当然とは言えますが、それでも450万円~600万円程度で、月収換算では35万円~45万円ぐらいです。次はカウンセラーで年収300万~350万円程度、そして受付事務担当の250万円~300万円ぐらいというのが一つの目安になるでしょう。

 

  • マネージャー・カウンセラー・受付などのスタッフは、正社員としてフルタイム勤務のパターンが多い。
  • お給料は職種によって異なる。勤務時間は一般的な職業よりは遅めになる。

 

インストラクターとマネージャーを兼務して高収入を目指す!

 上で英会話教室のインストラクターは非常勤が多く、報酬は時間給で決められることが多いと述べましたが、それにも例外があります。それはインストラクターがマネージャー(教室長)を兼務する場合です。

 

 こうしたケースは大手と呼ばれるスクールにはあまりありませんが、中小ではそれほど珍しいことではありません。つまり経営者自らがインストラクターを勤めるような場合が案外多いのです。こうしたケースでは年収はうんと高くなり、規模にもよりますが800万円~1500万円ぐらいに達するのもそれほど珍しいことではありません。

 

  • 中小の英会話教室では、インストラクターとマネージャーを兼務することで高収入を得ているケースも多々ある。

本記事は2016/09/14の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
ページ上部へ移動する