社会保険労務士の転職と年齢

職業:社会保険労務士

345views

imasia_1528778_M

 

社会保険労務士は「永久就職」

 社会保険労務士には、定年がありません。そのため、試験に合格すれば、年齢・性別問わず、誰でも社会保険労務士になることができます。

 

 年齢別の合格者数を見ると、30~40代が最も多い割合となっています。これは、一通り一般企業や社労士事務所で経験を積んだ働き盛りの世代が、勉強をして取得するケースが多いからでしょう。女性の場合は、妊娠・出産の際に職場を退職し、受験勉強を始める場合もあります。

 

 社会保険労務士試験に合格するには、10以上の法律に熟知しなければならず、1年近い学習時間と精神力が必要になるので、ある程度まとまった時間が取れる人でないと、取得することはかなり難しいといえます。そのため、人事関係の仕事を全うした定年退職者が、退職後の時間を過ごす一環として受験勉強を行い、社会保険労務士の資格を取得するケースもあります。社労士試験会場では、年代様々な受験生の姿をたくさん見ることができます。

 

  • 定年がない社会保険労務士は合格者だけでみると30~40代の合格者が多い。

 

転職の場合は、若者重宝の傾向あり

 しかし、転職となると話は別です。多くの社会保険労務士の受け入れ先である社労士事務所や行政機関は、20~30代の比較的若い社会保険労務士を欲する傾向にあります。若い人材の方が、長期間勤めてくれる、というイメージが採用先側にはあるようで、40代を超えると書類選考だけで落選するケースも出てきます。そのため、40代以上の社会保険労務士は、採用先の年代などのリサーチをしてから、転職活動を行うと間違いがないでしょう。

 

  • 資格合格者は30~40代が多いが転職マーケットでは若い方が有利になるケースが多い。

 

ベテランを求むケースも

 もちろん、全ての社労士事務所や行政が若者を好む訳ではなく、会社がベテランの相談役を欲するように、経験豊富な年代の社会保険労務士を募集しているケースもありますので、ある程度の年代の社会保険労務士は、同業者やこれまでの職場関係者との連絡を密に取り、自分を必要としてくれる受け入れ先について広く公表しておけば、マッチングの機会も巡ってくる可能性があります。

 

  • 経験豊富な社労士を優遇する求人ももちろん存在する。

 

本記事は2015/03/12の情報で、内容は社会保険労務士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「リクルート」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 年収アップに自信あり!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. 転職業界大手の「マイナビ」スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  4. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  5. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

ページ上部へ移動する