正社員の図書館司書の求人

職業:図書館司書

4620views

imasia_11704390_M_R

 

>図書館司書の正社員求人情報はここ<

 

国会図書館や国立大学図書館の場合

 国立国会図書館や国立大学法人(事務・図書系)で正職員として働くには、毎年1回募集がある採用試験に合格しなければなりません。この場合は確実に図書館で働くことができますが、試験は通常の試験内容に加え、図書館情報学など専門的な科目があり、その難易度も非常に高くなっています。

 

 また、倍率も国会図書館では数十倍以上、国立大学法人でも10倍前後と高く、大変狭き門です。図書館で働く人にとっては最も難易度の高い職場でもあります。

 

  • 国立国会図書館や国立大学法人の正職員は、図書館で働く人にとって最も難易度が高い。

 

公共図書館の場合

 公共図書館の正規職員は自治体の採用試験に合格した公務員です。自治体によって図書館の専門職の採用枠を設けているところもありますが、地方自治体の採用試験に合格し、図書館に配属が決まるのを待つというのが一般的です。正規職員は人事異動があるため図書館でずっと勤め続けることは難しいですが、配属の希望を出すことはできますので、採用時の面接や人事面談で希望を伝えていくことになります。

 

 もう1つの方法としては、図書館業務を委託された民間事業者の正社員となることです。中途採用の求人を行っている民間事業者は数多くあり、正社員として採用されればその配属先によって図書館勤務となる場合があります。業務運営する民間事業者の種類は、書店や出版社、または人材派遣会社までさまざまです。図書館業務を請け負っているから正社員として転職したものの、正社員である以上は人事異動があり、図書館ではない部門の勤務となる場合も十分に考えられますので、注意が必要です。

 

 いずれにしても、公共図書館において図書館単位で正職員・正社員の求人が出ることはなく、勤務する自治体または勤務する会社によって図書館が決まります。憧れの公共図書館がある場合は、その管轄(担当)の自治体または業務委託されている会社の求人を見つけることになります。

 

  • 正職員になるためには採用試験に合格し、図書館へ配属希望を出さなければならない。

 

私立学校図書館の場合

 私立学校に図書館司書職員として正採用されれば、収入面が安定します。ですが、私立学校図書館の司書も臨時やパート、または民間事業者による契約社員であることが多く、残念ながら求人はあまり多くありません。ですが、通常の企業と同様に退職者が出ればその補充に新しく人を雇います。

 

 求人は学校単位で独自に行い、募集時期や応募条件も異なりますので、各種求人情報をこまめに確認し、自分に合った条件かどうかを事前によく検討する必要があります。

 

  • 正社員の求人は少ないものの、退職者が出れば新しく募集をする場合も。

 

本記事は2015/08/11の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する