土日休みの図書館司書の求人

職業:図書館司書

666views

imasia_12552268_M_R

 

公共図書館の場合

 公共図書館の休館日は一般的に月曜日となっており、土日祝日については開館日となります。公共図書館では1日単位、1週間単位、1ヶ月単位で図書館司書のローテーションを組み、勤務日数や曜日、や勤務時間帯に偏りが出ないように調整しています。

 

 公共図書館利用者の曜日別の利用人数をみると、土日祝日の利用者数は平日の1.5倍から数倍にもなります。そして、利用者の多い土日にお話し会などをはじめ、各種のイベントを行ってより多くの利用者に図書館の魅力を発信しています。このような理由から、図書館司書の仕事は土日ほど増えますので、土日が休みとなる公共図書館の求人はまずありません。余談となりますが、学校が長期休暇となる期間(春・夏・冬休み)についても、土日と同様に図書館利用者数は増加します。求人の際に明記されていなくても、学校の長期休暇中も休みが取りにくくなりますので注意が必要です。

 

 なお、これらのことは常勤(自治体の公務員)であっても非常勤(臨時・嘱託)であっても、また業務委託された事業所の社員であっても同じです。公共図書館において採用面接等で土日休みで働きたいという希望を出しても却下されるか、不採用となってしまいます。

 

  • 利用者の増加する土日祝日は、出勤の可能性が高い。

 

公立学校図書館の場合

 公立学校図書館(小・中・高)の場合、休校日(土日祝祭日、夏休みなどの長期休暇)など、学校が休みであれば図書館も基本的には休館日です。

 

 学校司書は長期休暇中は基本的に仕事がないため出勤しませんが(その場合は給料も出ません)、何日かは出勤して蔵書点検や本の修繕、廃棄、また新刊図書の受け入れ等を行います。ただし学校図書の募集は非常に稀であり、採用自体も公募ではなく知人等からの紹介などで内々に決まることもありますので、狭き門であることに変わりはありません。

 

 大学図書館は年末年始、お盆、蔵書点検期間を除けばほぼ基本的に毎日開館しています。公共図書館と同様に、土日休みはもちろん、連休で休むことも難しくなります。

 

  • 大学以外の公立学校図書館では、学校が休みであれば基本的に休日となる。

 

私立学校図書館の場合

 私立学校図書館の司書は学校毎に雇用されますので、休館日や司書の休日、長期休暇中の図書館開館日なども学校によって異なります。

 

 小中学校であれば土日は学校と同じように図書館も休館日となりますが、高校や大学となると図書館は土休日でも開館する場合があります。図書館司書として働く場合、休日については就職を考える学校に事前に確認しておく必要があります。

 

  • 私立学校図書館の場合は、学校によって休日が異なるので事前に確認をしておきたい。

 

本記事は2015/08/12の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する