パティシエの苦労・辞めたい時

職業:パティシエ

2193views

SONY DSC

 

肉体的に辛い

 パティシエの仕事は大変激務です。労働時間も長く、休みもあまり取れないので、常に疲労が溜まった状態で、体を壊してしまう人も多くいます。ある程度は我慢が必要ですが、本当に辛い場合は退職も視野に入れるべきです。

 

 その時に、パティシエの仕事は辛いから他の仕事をしようと決める前に、パティシエとして別の職場へ転職する事も考えてみると良いです。条件重視で探せば、労働時間もさほど長くなく休日もしっかり取れる会社は見つかります。せっかくパティシエになったのですから、その知識と技術を活かせる場所を探してみましょう。

 

  • 激務で体力的に限界であれば退職という選択肢もあるが、パティシエ自体を辞めるのではなく、条件の良い職場を探すべき。

 

人間関係が悪い

 パティシエの仕事は激務なのですが、その退職理由の多くは人間関係によるものです。職人の世界ですので、男女関係なく怒鳴られるような職場も実際に存在します。職場での人間関係がうまくいかず、精神的に辛くなって退職してしまう人は数多くいます。

 

 しかし、どのような職業でも多かれ少なかれ人間関係のいざこざはあるものです。次の職場を探す時には、知り合いに評判を聞いたり、まずはアルバイトとして入社するなどして職場の雰囲気をじっくりと見た上で決めるのが良いです。

 

  • 人間関係が理由で退職するパティシエはとても多い。転職する時は、事情を知る人に評判を聞くなどして慎重に判断する。

 

将来的な不安

 特に個人店の場合、給料が上がらず、社会保険にも加入していない店もあるので、将来の事を不安に思って辞める人はたくさんいます。しかし、ホテルや企業などは、労働条件が良く福利厚生も整っているところが多いので、そのような会社に転職する事で将来への不安が解消され、パティシエを続けていくことができます。

 

  • 給料の安さや社保未加入などによる将来的な不安は、制度が整ったホテルや企業などに転職すれば解消できる場合も。

 

最大の繁忙期であるクリスマス

 どんなお店もクリスマスが1番の激務の時期です。1週間くらい徹夜続きで泊まり込みという事もよくあります。肉体的にも精神的にもかなり辛い時期で、辞めたくなってしまいますが、これを乗り越えた後の成長に気付いた時、もう1年頑張ろうと思えるものです。

 

 嬉しそうにケーキを買っていくお客様の顔を見るとやはり嬉しくなりますし、それを力に、皆クリスマスを乗り越えています。

 

  • 繁忙期であるクリスマスは肉体的、精神的に過酷だが、それを乗り越えれば成長できる。

 

本記事は2015/08/07の情報で、内容はパティシエとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する