パティシエの労働時間と休日

職業:パティシエ

1972views

imasia_1597755_M

 

パティシエの労働時間と休日

 パティシエの労働時間はとても長いです。特に朝が早いのが特徴で、個人店だと朝5時、遅くても7時には出勤します。個人店の場合は、朝が早いからといって夜も早いわけではなく、帰りはだいたい20~21時、忙しいお店は終電で帰れるかどうかというところもあります。また、休みも少なく、ほとんどが週1日かもっと少ないところもあります。月の残業時間は100時間を超えることも多いです。

 

 ホテルや企業など、労働環境の整っている職場ではここまで激務であることは少なく、1日の労働時間も長くて12時間くらいまでのところがほとんどです。特に休みはしっかりと週2日以上取れる場合が多いです。職場によって労働時間は大きく異なるので、自分に合った職場探しが大切です。

 

  • パティシエは基本的に長時間労働だが、特に個人店は激務で休日も少ない傾向。ホテルや企業の方が勤務時間は短め。

 

パティシエの休日の過ごし方

 少なく貴重なパティシエの休日の過ごし方を見てみると、激務の職場に勤めるパティシエは、休日を寝て過ごすという人が多いです。本当に体力の限界まで働いているので、休日は一切外出をしないという人も多いのです。

 

 しかし、流行を知ったり、感性を磨くのパティシエの大切な仕事のうちです。比較的時間にゆとりがあったり、コンクールを目指している人は、休日に美術館に行ったりして美的感覚を養うこともあります。また、色々なケーキ屋の食べ歩きをして新メニューの参考にしたり、ケーキの構成や仕上げの勉強をする人も多いです。

 

  • 日頃の激務で休日を寝て過ごす人も多いが、他店のケーキを食べ歩いて新メニューの参考にしたり、ケーキの仕上げの勉強などに充てる人もいる。

 

本記事は2015/08/07の情報で、内容はパティシエとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する