パティシエになるには

職業:パティシエ

219views

imasia_8117113_M

 

パティシエになる方法とは

 パティシエになるのに特別な資格は必要ありませんが、いくつかの方法があります。

 

  • 未経験から

 全くパティシエ経験のない状態からパティシエになることは十分可能です。しかし、家でのお菓子作りとパティシエの仕事は全く違います。まずはアルバイトから始めて、パティシエの世界を知る、仕事に慣れるという段階を経てステップアップするのが良いです。

 

  • 大学・専門学校卒業

 パティシエの多くは、大学または専門学校を卒業しています。大学にも、数は多くはないですが、製菓の技術を学べる学校があったりします。専門学校では、衛生法規から即戦力になるための技術まで、パティシエとしての基礎を勉強することができます。

 

 どちらか自分に合った選択をすればいいのですが、就職先にも派閥のようなものが存在します。例えば、特に個人店だとオーナーが卒業した学校にしか求人を出していなかったり、ホテルの場合だとこの学校から何名採用するという決まりがあったりします。もし、学校選びの前に、就職したいお店が決まっているなら、必ずその学校の就職実績を確認しましょう。

 

  • 高校卒業

 高校にも製菓の勉強ができる科があるので、そういった高校を卒業してすぐにパティシエになる人もいます。ただ、高校だと必修科目もあり、パティシエになるための勉強の時間が十分に取れるわけではないので、注意が必要です。

 

  • 製菓専門学校のほか、製菓について学べる高校や大学もあるので、将来の事をよく考えて学校を選ぶべき。まったくの未経験なら最初はアルバイトから始めるのが良い。

 

本記事は2015/08/06の情報で、内容はパティシエとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する