パタンナーの転職と学歴

職業:パタンナー

127views

imasia_11152413_M_R

 

パタンナーの転職と学歴

 パタンナーの転職に特に学歴は必要ありません。学歴よりも実務経験があるパタンナーの方が重宝されます。ここでは、パタンナーになる人がどのような学校で何を学んでいるのかを説明していきます。

 

服飾系専門学校卒業

 パタンナーになっている人で一番多いのは、服飾系専門学校を卒業している人です。服飾系の大学を卒業した人が専門学校に通い直すくらい、専門的な知識が得られます。服飾系専門学校では、パターンの他にデザイン画や素材、流行の授業など、パタンナーに必要なことがほとんど習えます。学校によって力を入れている科目は違うものの、パターンの授業は必ずあり、全体の科目の3分の1くらいがパターンの授業であることが多いです。

 

 パターンの理論や、実際に服を縫う授業がありますが、パタンナーとして即戦力になるためにはCADが使えることがかなり重要なので、CADが授業に組み込まれている学校を選ぶと良いです。転職した会社によって使うCADが違うため、覚え直すこともありますが、基本的な操作方法や用語はあまり変わらないので、授業でCADに触って慣れておくだけでも価値があります。

 

 また、その専門学校特有の原型というものがあって、「○○式」と名前が付いていています。転職する会社の先輩が同じ専門学校の卒業生だった場合、原型が同じなので採用されやすい傾向にあります。

 

  • 服飾系の専門学校を卒業してパタンナーになる人が最も多い。

 

服飾系専門学校(夜間専科)卒業

 服飾系専門学校の一部に、夜間の専科というのがあります。これはその学校の生徒以外も通える専門の学校です。色々な専科がありますが、パタンナーの資格の一つである「パターンメーキング技術検定」に合格するための専科を受講するか、CADの使い方の基本をマスターできる専科がお勧めです。パタンナーに転職する際に持っていると比較的有利に働くのは、パターンメーキング技術検定の2級以上なので、頑張って2級以上を目指すと良いです。

 

 他にもパターン関係の専科は色々あり、立体裁断から平面にする授業(普通は平面で書いたパターンを立体にするのでその逆)や、パターンメーキング技術検定の3級用、2級用、1級用など様々です。パタンナーに転職を考えている人の多くが、転職前に会社帰りや休日にこのような専科に通ってスキルアップをしています。

 

  • 専門学校の夜間の専科に通って資格取得やCADの操作を学び、転職に備える人も多い。

 

大学・短大の服飾学科卒業

 大学や短大にも、服飾学科や家政学部、被服学部といった本格的にパターンを学べる環境があります。こういった学部を卒業して大手企業のパタンナーとして働いている人はたくさんいます。専門学校と同じくパターンメーキング技術検定も取得できますが、素材から販売まで一通りのことを網羅するので、広く浅い知識になってしまいがちです。特に短大は2年間と短いので、卒業後に専門学校に通う人もいます。

 

 専門学校では入学試験がほとんどありませんが、大学、短大は入学試験があるため専門学校よりは入学が難しいです。大手企業に転職する場合、一般常識の筆記試験がある会社も少なくないので、入試や面接に慣れていることは転職時の強みになります。

 

  • 大学や短大の服飾系学部からパタンナーになる人も多いが、学べる知識が広く浅いことも多く、卒業後に専門学校に入り直す人もいる。

 

本記事は2016/05/09の情報で、内容はパタンナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する