パティシエの転職と資格

職業:パティシエ

271views

imasia_11152413_M_R

 

パティシエに関連する資格

 パティシエという職業に関連する資格はいくつかありますが、何も持っていないからといって転職の際に不利になる事はほとんどありませんし、資格がないままパティシエとして働いている人も数多くいます。ただ、募集条件に有資格者という制限を設けている場合もあります。また、資格を持っている事が知識や技術の客観的な裏付けにもなりますので、興味がある人は受験してみると良いです。

 

  • 食品衛生責任者

 お店を出す場合、この食品衛生責任者の資格がないと保健所からの許可がおりません。また、独立はしなくても、職場で上の立場になった時に食品衛生責任者となることもあります。転職の際には持っていなくても困りませんが、原則として誰でも講習を受けることができるので、1つでも資格を増やしておきたい人にはお勧めです。

 

 衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学の講習を受ければ、修了証を交付してもらえます。食品の取り扱いに関する衛生的な知識や、それにまつわる法律の勉強にもなるので、特に他業種からの転職を希望している人には役に立ちます。

 

  • 製菓衛生師

 パティシエの資格でメインとなるものが製菓衛生師です。これは国家資格であり、受験資格も、認可を受けた専門学校を卒業した人か、実務経験が2年以上ある人に限られています。製菓衛生師の資格を持っていれば、会社によっては、最初の給料を上げてもらえたりすることもあります。

 

 この資格は、製菓衛生師法に基づき、安全性の高いパンや菓子等の食品を作る人に与えられるものです。実際にパティシエとして働く中ではあまり必要とはされない資格ですし、持っている人も少ないです。ただ、他業種からの転職を考えている人であれば、製菓衛生師の試験対策の本などで少しでも勉強しておけば後々楽になります。

 

  • 製菓製造技能士

 こちらは製菓衛生師よりもさらに上級レベルの国家資格です。1級と2級があり、1級は7年以上の実務経験者にしか受験資格がありません。製菓衛生師の試験は衛生法規など食品関連の法律の知識を問う問題が多いですが、製菓衛生技能士の試験は実技が圧倒的に多いです。経験年数が長くならないと取得できませんので、この資格を目標として仕事に励むのも良いです。

 

  • 資格がなくても転職や実務には影響しないが、実務経験を重視した難易度の高い国家資格もあり、取得=知識と技術がある事の証明になる。

 

本記事は2015/08/05の情報で、内容はパティシエとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する