看護師の適性(向き・不向き)

職業:看護師

259views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_6950991_M

 

適性(向き・不向き)といっても様々

 看護師の適性と一口に言っても、看護師はどんな病院・診療科に勤めるかによって仕事内容や仕事の量も大きく変わってきます。そのため、看護師にはどのような人が向いていると一概には言えない所があります。大きな総合病院や大学病院などで働くのと、クリニックで働くのでは忙しさも仕事の質も全く違うからです。

 

 働くスタイルとしては、大きく急性期と慢性期に分けられますが、急性期に向いている人と慢性期に向いている人とでは適性が全く違います。もちろん看護師の仕事は人と向き合う仕事なので、奉仕の心を持っている人・人と話すのが好きな人のほうが向いていると言えるでしょう。

 

 しかし、だからといって人と深く関わるのはあまり好きではないという方が不向きかというとそうではありません。手術室や急性期病棟・外来などでは患者さんと深く関わることはほとんどありません。忙しさにもよりますが、深く関わる時間がとれないといった方が正しいかもしれません。

 

また、看護師は勤務体系も様々なので自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことが重要になります。日勤のみか夜勤ありか、もしくは夜勤専従かにもよって仕事の状況も異なってくるため、働き方一つでも仕事の内容が変わってくる仕事です。

 

  • 個々の勤務現状により「適性」は異なるが、「奉仕の心」は看護師全員に必要とされる。

 

急性期病院に向いている人・不向きな人

 急性期は基本的に忙しい病院が多いため、身につけるスキルや看護の質は高い所が多いです。大手の病院では教育体制もしっかりしている所が多いため、身につけられるスキルも多いです。専門看護師や認定看護師など特定の分野を極めたいと思っている方にも適しているでしょう。

 

 また、ベッドの回転数が早い所がほとんどなので限られた時間の中で患者さんから情報をとり、計画を立てていかなければならないので仕事に対する要領の良さが求められます。仕事をバリバリ熟したい・向上心がある人には向いている職場です。反対に患者さんと長く関わりたい、ゆったりとした職場で働きたいという人には不向きであると言えます。

 

  • 急性期は忙しいところが多くスキルアップに向いている。

 

慢性期病院や介護施設に向いている人・不向きな人

 慢性期の病院や介護施設などでは仕事の効率より、患者さんとどれだけ向き合えるかが求められます。入院期間が長いので、必然的に関わる時間を多く持てるのが特徴です。慢性期では病気と共に生活していかなければならないといった患者さんも多くいらっしゃるため、患者さんの気持ちに寄り添ったケアが重要となります。

 

 そのため、一人一人の患者さんと密な関わりをしていきたい、患者さんの心身共にケアを行っていきたいと考えている人に向いています。仕事を多く熟したい、スキルアップを目指している人には不向きでしょう。

 

  • 患者さんと長く向き合っていきたい人は慢性期病院や介護施設が向いている。

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/03/05の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する